『ファイナルファンタジーXIV』運営チーム、「ゲーム内でのRMT宣伝」で518アカウントを永久停止処分

20130907-00000004-isd-000-4-view

スクウェア・エニックスは、PlayStation 3/Winソフト『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』公式サイトにて、「ゲーム内でのRMTサイト宣伝行為」についての対応の発表、及び注意喚起を行いました。 公式サイト「お知らせ」にて発表された「RMT(リアルマネートレード)」とは、アカウントやゲームのデータを、現実世界の金品で売買することを指しています。スクウェア・エニックスは、『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』ゲーム内で「RMTサイトの宣伝行為」が行われていることを確認しており、RMTサイトの宣伝行為に関係した518アカウントに対し、「ファイナルファンタジーXIVの永久利用停止」処分を行ったとのことです。 プレイヤーに対しては、「RMTの禁止」と「RMTを持ち掛けられても利用しない」ように呼びかけています。また、対応を行った中に、アカウントハックを受けていたアカウントを確認。アカウント保護を強化するために、「スクウェア・エニックス セキュリティトークン」の利用を強く推奨しています。 スクウェア・エニックスでは、チャットフィルターによる対策とあわせて、「GMチーム」と、コミュニティとプレイ環境の健全化を目指す専任チーム「STF(スペシャルタスクフォース)」との連携のもと、RMTに対して、さらなる対応を行っていくとのことです。詳しくは、『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』公式サイトを参照してください。