ソニー、NFC対応の防滴ポータブルBTスピーカー「SRS-BTS50」

6音質モードは「ノーマルモード」と「サラウンドモード」を用意。通常設置時はノーマルモード、上に向けるとサラウンドモードに自動で切り替わる。 切り替えは加速度センサーで行う。ノーマルモードは通常のステレオ再生で、一人でスピーカーに向かい合って聴く場合の使用を想定したもの。サラウンドモードは「音の広がりが楽しめる」モードで、複数人で多方向から音楽を聴く場合での使用が推奨されている。 リチウムイオンバッテリーを内蔵し、連続駆動時間は最大約10時間、満充電までの充電時間が約3時間となる。充電は基本的に付属のACアダプターで行う。 Bluetoothレシーバー機能も搭載。Bluetooth受信した音声をステレオミニ端子からアナログ出力できる。通常のコンポやカーステレオとの組み合わせにおいて、本機をBluetoothレシーバーとして使用することも可能となる。また、ステレオミニ入力も搭載している。 デザイン面ではラバーとメッシュによるツートンカラーを採用。メッシュ部の素材はファブリックで、バックの中にそのまま入れても他のものを傷つけないことを意識している。また、メッシュ部は前述のようにIPX2の撥水加工がされており汚れにも強く、あえてケースなしの仕様にしたとのことだ。本体のサイドにフックを搭載し、アウトドアでバックなどにかけての使用も想定している。 aまた、ボイスフィードバック機能を搭載し、Bluetooth接続時のモード立ち上げや接続待ち、ボイスダイヤルの開始、リダイヤル、電池残量の確認時に女性の声でアナウンスが流れる。 通信方式はBluetooth標準規格ver.3.0。出力はBluetooth標準規格Power Class2で、見通し距離は約10mとなる。対応プロファイルはA2DP、AVRCP、HFP、HSP、SPP。伝送帯域(A2DP時)は20Hz~20kHz(44.1kHzサンプリング時)。 消費電力は6.4W(AC電源使用時、バッテリー充電時)。外形寸法は約175W×70H×65Dmm、質量は約400g(充電池含む)。 また、アラーム機能搭載の据え置き型ワイヤレススピーカー「SRC-SC20BT」を10月19日より発売する。価格はオープンだが、10,000円前後での実売が予想される。   本機はUSB端子搭載を搭載し、スマートフォンやDAPなどを充電が可能。USB接続によるiPod/iPhoneのデジタル接続にも対応している。本体前面には時計表示のディスプレイを装備し、アラームやスリープタイマー機能も搭載する。 Bluetooth ver3.0によるワイヤレス接続が可能で、NFCにも対応。コーデックはCBSのみでAACには非対応。また、AM/FMラジオも搭載する。スピーカー出力は2W+2W(ステレオ)となる。入力端子としてステレオミニ端子を1系統搭載する。 ユニットは50mmフルレンジを2基搭載し、出力は2W+2W。消費電力は約16W(Bluetooth使用時、接続機器充電時)。外形寸法は281W×12H×80Dmm、質量は約1030g(充電池含む)。 [Source : Phile-web 2013年09月10日]