トヨタ、「ランドクルーザープラド」をマイナーチェンジ 内外装をリニューアル

トヨタ、「ランドクルーザープラド」をマイナーチェンジ 内外装をリニューアル

トヨタは9月10日、SUVモデル「ランドクルーザープラド」をマイナーチェンジし、同日より発売した。

マルチインフォメーションディスプレイをTFT液晶に変更

マルチインフォメーションディスプレイをTFT液晶に変更

今回のマイナーチェンジは、内外装のデザインのリニューアルや、走行性能の向上などが挙げられる。エクステリアは、ヘッドランプ、フロントグリル、フロントバンパーなどの変更でフロントフェースのイメージを刷新。リアコンビネーションランプやリアガーニッシュのデザインも変更している。ボディカラーは、新色の「アティチュードブラックマイカ」、「ブロンズマイカメタリック」などを追加し、全10色のラインナップとなった。

インテリアは、マルチインフォメーションディスプレイを視認性が高い大型カラーTFT液晶に変更したほか、ファブリックシートのシート表皮をスエード調織物からモケットに変更している。

走行性能は、サスペンションのチューニングを見直し、オンロードでの走行安定性や乗り心地を向上させるとともに、オフロード走行をサポートする「マルチテレインセレクト」のモード設定を4種類から5種類に増やしている。 0000004492 メーカー希望小売価格は、318万円(税込)~490万円(税込) [Source : Goo-net 2013/9/11]