KDDI、スマホで現在地を確認できる「あんしんGPS」

l_yo_migps01KDDIは10月2日、スマートフォンからいつでも現在位置を確認でき、防犯や見守りなどの用途で使える通信機能付きのGPSモジュール「あんしんGPS」(京セラ製)を発表した。12月上旬の発売を予定している。 サイズは約53(幅)×41(高さ)×14.3(厚さ)ミリとコンパクトで、重さも約37グラムと軽量。本体は防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP5X)、耐衝撃(MIL規格)仕様で、自動車やバイク、カバンなどさまざまなものに取り付けられる。 盗難に遭った場合に、加速度センサーにより振動や移動を検知して通知する「見張りモード」を搭載。紛失時にはスマホから遠隔操作でブザーを鳴らすことができ、電池残量が減った際も自動通知も行える。 本体には緊急ブザーも用意されており、ブザーの作動と同時に現在位置を登録したスマホに通知することも。さらにあんしんGPSの購入者向けに、セコムの現場急行サービスも提供する(別途申込みが必要な有料サービス)。 防犯以外にも歩数計やカロリー計として利用でき、防犯目的以外でもウォーキングやジョギングを通じた健康管理にも役立つ。本体の状態を確認するためのディスプレイとして、約0.9インチの128×36ピクセル表示白色有機ELを備えた。スマホとの通信にはCDMA 1Xを利用する。

関連リンク

[Source : ITmedia 2013年10月02日]