ノーベル賞に追い風 「ヒッグス粒子発見」正式報告 東大参加の実験チーム
2607Higgs_Boson東大などが参加する欧州合同原子核研究所(CERN)の実験チームが物質に重さを与えたとされる「ヒッグス粒子」発見のデータを論文にまとめ、欧州の物理学専門誌フィジックスレターズBに正式に報告した。7日付で掲載される。 [caption id="attachment_13404" align="alignright" width="150"]英エディンバラ大のピーター・ヒッグス名誉教授 英エディンバラ大のピーター・ヒッグス名誉教授[/caption] 8日発表のノーベル物理学賞は、粒子の存在を予言した英エディンバラ大のピーター・ヒッグス名誉教授(84)らが最有力とみられ、追い風となりそうだ。 チームはCERNの大型加速器LHCで実験し、昨年7月「99・9999%以上の確からしさで新しい粒子を発見した」と発表。この粒子が、ヒッグス粒子であるかどうかデータを積み重ね、3月に「ヒッグス粒子」と判断した。今回そのデータを論文にまとめた。 ヒッグス粒子は、自然界を説明する基本的な「標準理論」で、存在が予想される17種類のうち未発見だった最後の粒子。宇宙誕生の大爆発ビッグバンから100億分の1秒後に生まれて宇宙を満たし、それまで質量のなかった他の粒子に重さを与えたとされる。   [Source : MSN産経ニュース]
カテゴリー: 科学   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。