NTTドコモが2013年冬春モデルを発表、ドコモメールやdocomo IDの方針にも言及

01-docomo-model NTTドコモは2013年10月10日、都内で新製品発表会を開催し、2013年冬春モデルのスマートフォン合計16機種と関連サービス、ネットワークを発表した

最大3日のバッテリ駆動、150Mbps通信、独自UIが特徴

発表会にはNTTドコモ代表取締役社長の加藤薫氏が登壇。冬春モデルのキーワードとして「スマートライフの実現」を掲げ、「家族や友人とつながりたい」「楽しいコンテンツを見たい」「健康な日々を送りたい」といった様々な要望に応えることで、ユーザーの幸せを実現するためのパートナーでありたいというビジョンを掲げた。 具体的な冬春モデル端末の特徴としては、「バッテリー駆動時間」「150Mbpsの高速通信」「docomo LIVE UX」の3点を挙げた。「バッテリー駆動時間」は、すべての機種で実使用時間2日以上を実現。うち5機種では3日以上の駆動が可能となる。 「150Mbpsの高速通信」については、10月4日に開催した説明会の内容を改めて発表した(関連記事:ドコモは“クアッドバンドLTE”で他社対抗、改めてネットワーク戦略を説明)。LTEについて、従来の800MHz帯、1.5GHz帯、2GHz帯に9月からは1.7GHz帯(バンド3)を追加し、クアッドバンドとなる。 1.7GHz帯では受信時150Mbpsの高速通信を提供し、最もトラフィックの集中する東京・名古屋・大阪エリアから順次展開する。2013年12月末には山手線の全駅で利用可能となる見込み。海外ローミングも2014年夏に検討している。 受信時100Mbps超のサービスについても、2013年10月末までに全都道府県に拡大する。加藤氏はテレビCMで用いている"Strong"というフレーズを挙げ、「強いネットワークは、スマートライフを支える根幹となる」と強調した。 従来のPalette UIに代わる新しいユーザーインタフェースとして「docomo LIVE UX」を紹介した。ホーム画面の柔軟なカスタマイズに対応し、アプリ一覧画面の使い勝手も刷新している。好みのカテゴリを選択するだけでニュースマガジンを作成できる「マイマガジン」機能も特徴。冬春モデルのスマートフォン全機種にプリインストールする共通UIとなる。

ドコモメールは24日に開始、独自サービスはキャリアフリー対応へ

新サービスの発表にあたって加藤氏は、4つの「フリー」を提唱した。ネットワーク、端末、OSに制限されないという3つのフリーに加え、4つめのフリーはキャリアにも制限されないということ。従来の電話番号によるユーザー認証から、「docomo ID」による認証に移行すると改めて発表した。 como IDを利用した2つのサービスとして、「ドコモメール」と「dマーケットの拡大」を発表した。ドコモメールについて加藤氏は、「大変お待たせしてしまった」とスケジュールの遅延を陳謝した上で、10月24日からのサービス提供開始を発表した。 ドコモメールは、SPモードメールからUIを一新し、使い勝手も向上する。さらに11月からはdocomo IDを利用できるため、ネットワークやデバイスへの依存がなくなり、家庭のPCからでもドコモメールを送受信可能となる。2013年度中にはIMAPへの対応も予定する。 dマーケットについては、来年3月までにdocomo IDを利用したキャリアフリー化を進める方針。現在700万人を超えるという契約者数については、「今後1000万、2000万人を目指していきたい」(加藤氏)と展望を語った。 また、dマーケットには新たに3種類のストアを追加する。これについてNTTドコモ マーケットビジネス推進部長 前田義晃氏が詳しく説明した。 追加するのは、「d fashion」「dトラベル」「dキッズ」の3種類。「d fashion」は洋服やアクセサリー、ファッション小物を販売するECサイトで、「UNITED ARROWS」や「SHIPS」など400を超えるブランドを取りそろえる。購入時には携帯電話料金と合算したケータイ払いやドコモポイントの利用に加え、クレジットカード決済にも対応する。購入した商品の送料は無料とする。10月30日に提供を開始する。 「dトラベル」はJTBとの提携による旅行サポートサービス。JTBが取り扱う3万4000件の観光情報をもとに、「リフレッシュしたい」「絶景を見たい」など8つの観点から旅行プランを提案する。宿泊施設の予約はもちろん、関連するアクティビティやグルメ情報も提供することで、予約時だけでなく、旅行中のガイドブックとしても機能する。12月17日から提供する。 「dキッズ」は、子育て家族向けの知育サービス。タカラトミーエンタメディアなどと提携して、知育コンテンツを提供する。専用の用紙を使った塗り絵とAR(拡張現実)技術を組み合わせたアプリなどが特徴。料金は月額390円で11月29日に提供を始める。 ほかにもヘルスケアの新製品として、リストバンド型の計測機器「ムーヴバンド」と組み合わせた健康管理サービス「からだの時計 WM」を12月から提供する。

冬春モデルは「おすすめ3機種」を中心に展開

冬春モデルの端末ラインアップは、スマートフォン・タブレットが11機種、フィーチャーフォンが2機種、フォトパネル1機種、モバイルWi-Fiルーター2機種の合計16機種となる)。 その中でも「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」「ARROWS NX F-01F」「Xperia Z1 f SO-02F」の3つのスマートフォンは「おすすめ3機種」という位置付けとなる。2013年夏モデルの「ツートップ」ほど極端に優遇されるものではなく、iPhoneを除くNTTドコモの冬春モデルの中で「ドコモがおすすめする」モデルとなる。 3機種の選定理由としては、「日本のユーザーが求める画面の美しさ、防水、電池の持ちといった観点を基準とした」(加藤氏)と説明した。発表会のプレゼンテーションで加藤氏が実機を手に持って披露したのは、おすすめ3機種だけだった。 一方、以前からNTTドコモが端末の開発を表明していたTizenやWindows Phoneを搭載したスマートフォンについては、新機種の発表はなかった。この中でTizenについては、「冬モデルでの発売を予定していたものの、来年に延期となった」との報道が発表会直前にあったため、話題となっていた。 この点について、「Tizenは遅れているが、NTTドコモとして力を入れて開発を進めている。独自のサービスなどを搭載した上で、リリースする見込み」(NTTドコモ広報)と回答した。今回のドコモの発表会は"冬春"モデルの発表となっているため、次回は例年5月に発表される夏モデルとなる。しかし、「場合によってはTizen端末を単体で発表する手もあると考えている」(同)として、夏モデルよりも早くTizen端末を投入する可能性を示唆した。一方、Windows Phoneについては「特に進展はない」(同)との回答にとどまった。 [Source : ITpro 2013/10/10 ]