内部被ばく2割過小評価か 福島作業員、国連が報告

[caption id="attachment_14695" align="aligncenter" width="450"]汚染水が海へ流出するのを防ぐ対策を進める作業員=2011年4月(東京電力提供) 汚染水が海へ流出するのを防ぐ対策を進める作業員=2011年4月(東京電力提供)[/caption] 国連放射線影響科学委員会(事務局ウィーン)は12日までに、東京電力福島第1原発事故で作業員の内部被ばく量が約20%過小評価されている可能性があるとの報告書を公表した。 半減期が約20時間と短い放射性ヨウ素133などの影響が考慮されていないことが原因としている。(共同) [amazonjs asin="B00051E906" locale="JP" title="Geiger counter(ガイガーカウンター) RD1503 ロシア製"][amazonjs asin="B00637O866" locale="JP" title="家庭用放射線測定器 エアカウンター"]