iPhone 5sでBSoDが発生

iPhone-5S iPhone 5sでBSoD(Blue Screen of Death)が発生しているそうだ(HotHardwareの記事本家/.)。 BSoDといってもWindowsのBSoDのようにエラーコードなどが画面に表示されるわけではなく、突然画面が青くなってiPhone 5sが再起動してしまうというもの。iWorkに含まれるNumbersやPagesといったアプリが主な原因と考えられているが、他のアプリでも発生するという報告もあり、原因は特定されていないようだ(Apple Support Communitiesのスレッド1スレッド2)。 実際のところ、64ビットのA7チップとM7コプロセッサーを搭載したiPhone 5sではアプリのクラッシュ発生率もiPhone 5/5cより高いようだ。モバイルアプリのパフォーマンス解析を行うCrittercismによると、iPhone 5/5cではアプリのクラッシュ発生率が1%以下なのに対し、iPhone 5sでは約2%とのことだ(AllThingsDの記事MacRumorsの記事)。 記事提供元:スラッシュドット・ジャパン