京都ラーメン店員殺害 被害者のケータイ盗んだ19歳少年を逮捕

京都市北区長乗東町のワンルームマンションで住人のラーメン店店員、松竹順さん(25)が殺害された事件で、京都府警捜査1課などは15日、松竹さんの携帯電話を盗んだとして、窃盗の疑いで住居不定無職の少年(19)を逮捕した。府警によると、少年は松竹さんの後輩で「部屋にあった携帯電話を盗んだことに間違いありません」と容疑を認めている。府警北署捜査本部は殺人事件との関連を調べる。 捜査本部によると、少年は松竹さんが以前入所していた児童養護施設の後輩で、日常的に松竹さん方に出入りしていた。15日、立ち回り先の京都市上京区内のインターネットカフェで少年に事情を聴いたところ、松竹さんの携帯電話を所持していたという。 逮捕容疑は9月下旬、京都市北区長乗東町の松竹さん方で、松竹さんの携帯電話を盗んだとしている。 一方、司法解剖の結果、松竹さんの死因は胸部を刺されたことによる失血死と判明。死亡したのは9月下旬とみられている。 Source : 産経新聞