ハーマン、JBLのホーン技術を手軽に楽しめるエントリークラスのスピーカー

[caption id="attachment_15171" align="aligncenter" width="600"](左)フロアスタンディング型の「STUDIO 290 BRN」(右)ブックシェルフ型の「STUDIO 230 BRN」 (左)フロアスタンディング型の「STUDIO 290 BRN」(右)ブックシェルフ型の「STUDIO 230 BRN」[/caption] ハーマンインターナショナルは10月16日、JBLのスピーカー「STUDIO 2」シリーズを発表した。ラインナップは、フロアスタンディング型の「STUDIO 290 BRN」「STUDIO 280 BRN」「STUDIO 270 BRN」、ブックシェルフ型の「STUDIO 230 BRN」「STUDIO 220 BRN」、サラウンド用スピーカー「STUDIO 210 BRN」、センター用スピーカー「STUDIO 225C BRN」の7製品。 発売は10月下旬で、希望小売価格は、STUDIO 290 BRNが71,400円(1本)、STUDIO 280 BRNが58,800円(1本)、STUDIO 270 BRNが46,200円(1本)、STUDIO 230 BRNが46,200円(ペア)、STUDIO 220 BRNが33,600円(ペア)、STUDIO 210 BRNが35,700円(ペア)、STUDIO 225C BRNが29,400円(1本)となっている。 「STUDIO 2」シリーズは、2011年10月に発売した「STUDIO 5」シリーズと同様に、ホームエンターテインメントをメインのターゲットとしたシリーズだ。価格は「STUDIO 5」シリーズよりもリーズナブルに抑えられており、JBLの「ライフスタイルスピーカー」のカテゴリーの中でのエントリーモデルとなっている。 全モデルが「HDIホーン」にマウントされたφ25mmのCMMD(セラミック・メタル・マトリックス・ダイヤフラム)ドームツイーターを搭載。エントリーモデルでありながら、ムラのない広い指向性を実現している。「STUDIO 5」シリーズではホーンは縦型だったが、「STUDIO 2」シリーズでは一般的な横型となった。 フロアスタンド型ではミッドレンジとウーファー、それ以外のモデルではウーファーに「PolyPlas」コーンを採用。パルプらしい低音と高い応答性を両立している。 キャビネットは19mm厚のMDF材で、共振、回折、定在波の発生を抑え、各ユニットのスムーズなつながりを実現するため、コンピューターシュミレーションによって最適化されたものだ。外側だけでなく内部の角も丸められており、また、内部には窓枠形状のプレーシングも施されている。 Source : マイナビニュース [amazonjs asin="B00EOKZ7GY" locale="JP" title="JBL USB DAC内蔵バスパワードスピーカー JBL PEBBLES ブラック JBLPEBBLESBLKJN"][amazonjs asin="B009Z9UEHQ" locale="JP" title="JBL ポータブルBluetoothスピーカー FLIP ブラック JBLFLIPBLKJ"][amazonjs asin="B009LDXF4A" locale="JP" title="JBL ポータブルBluetoothスピーカー MICRO WIRELESS ブラック JBLMICROWIRELESS"][amazonjs asin="B0047T6NVA" locale="JP" title="JBL 高音質アンプ内蔵 2chスピーカー CAS33"]