ソフトバンク、「iPad Air」のWi-Fi版/Wi-Fi+Cellular版を11月1日に発売
001lソフトバンクモバイルは、米Appleが米国時間22日に発表したiPadシリーズの最新機種「iPad Air」の「Wi-Fi+Cellularモデル」と「Wi-Fiモデル」を11月1日に発売すると発表した。「iPad mini Retinaディスプレイモデル」については、11月中に発売する。iPad Airの価格はアップル公式サイトでWi-Fiモデル16GBが51,800円と表示されているが、iPad Air Wi-Fi+Cellularモデルの価格は依然として不明。 iPad Airは、264ppi・2048×1536ドットの9.7インチのRetinaディスプレイを搭載したタブレット端末。従来モデルと比較してベゼル部を43%狭額縁化し、厚さは従来モデルの9.4mmから20%薄く7.5mmとなった。チップセットはA7とM7モーションコプロセッサで、オートフォーカス対応の5メガピクセルiSightカメラを搭載。OSはiOS 7を採用する。機能面では、FaceTime HDカメラに対応するほか、1080pのHDビデオ、HDR写真の撮影が可能。 Source : マイナビニュース
カテゴリー: カテゴリーなし   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。