【レポート】Appleがキーノートで語った「iPad Air」と「iPad mini Retinaディスプレイモデル」のポイント
米Appleは米国時間22日(日本時間23日)、スペシャルイベントを開催し、新世代iPadとなる「iPad Air」およびRetinaディスプレイを搭載した「iPad mini Retinaディスプレイモデル」を発表した。ここでは同イベントにおいて、iPadに関わる部分をリポートする。 発表会に登壇した同社のティム・クックCEOはまず、iPadの現状について説明した。それによると、iPadは世界で1億7千万台を売り上げており、タブレット全体でのシェアは81%に上るという。また、iPadアプリは47万5,000以上リリースされている。
iPadは1億7千万台売り上げている タブレット全体でのシェアは81%
続いて登壇したAppleワールドワイドプロダクトマーケティング担当上級副社長のフィル・シラー氏より、新製品の発表が行われた。
iPad Air登場
まずは「iPad Air」。iPadとしては第5世代にあたる製品で、その名が示すように前モデルより大幅な軽量化・スリム化がなされている。ベゼル(縁)は約43%(6.2mm)狭くなり、169.5mmに。厚さは約20%(1.9mm)薄くなり、7.5mmに。重さは約28%(183g)軽くなり469gになった(セルラーモデルは478g)。ディスプレイサイズは変わらない。 続きはこちら
カテゴリー: カテゴリーなし   パーマリンク

コメントは受け付けていません。