「Mac App Store」のバグ、「iWork」トライアル版を無償で製品版に?

pages_screen_610x384-1 9to5Macの新たな報道によると、「Microsoft Office」と競合するAppleの「iWork」が、「Mac App Store」のバグにより、同ソフトウェアを購入していない人でも無償で利用できるようになってしまっていたという。 10月23日の同報道では、iWorkの30日トライアル版をダウンロードしていただけにもかかわらず、料金を支払わずに最新バージョンへとアップデートできたというユーザーの話を紹介している。この問題は、Mac App Storeがユーザーの利用しているソフトウェアが無償のトライアル版なのか、購入された製品版なのかを識別できないという点にあったようだ。 AppleのiWorkは、Macを購入すると無償で入手できる。しかし、古いマシンを持っているユーザーがトライアル版を別途ダウンロードしていた場合、同アプリケーションの機能をすべて利用するには製品版を購入する必要がある。 Source : CNET [amazonjs asin="B008B3AMOC" locale="JP" title="APPLE MacBook Pro 13.3/2.5GHz Core i5/4GB/500GB/8xSuperDrive DL MD101J/A"][amazonjs asin="B009X5EJP0" locale="JP" title="APPLE Mac mini/ 2.3GH Quad Core i7/4G/1TB/USB3/Thunderbolt MD388J/A"][amazonjs asin="B00AHU3L2W" locale="JP" title="APPLE iMac 21.5"/2.7GHz Quad Core i5/8GB/1TB MD093J/A"]