コルグからDSD対応USB DACの新機種が登場! – ASCII.jp

DS-DAC-100_front_1920x608

コルグから、DSD対応USB DACの新モデル「DS-DAC-100」と「DS-DAC-100m」および新しいハイレゾ音源再生ソフト「AudioGate 3」が発表された。

AudioGate_1_588x11月下旬発売のDS-DAC-100(予想実売価格5万5000円前後)は、据え置き型の1bit DAC。流線型のデザインが特徴的で、底面には振動の影響を抑える金属製スパイクを装備する。また背面にはRCAピンのオーディオ出力のほか、XLR出力を装備する。 12月上旬発売のDS-DAC-100m(予想実売価格3万円前後)は、USBバスパワーで駆動するポータブルタイプで、小型ながらDS-DAC-100同等の回路を搭載。音声出力およびヘッドフォン端子は3.5mmのミニプラグとなる。 本体サイズは幅92×奥行129×高さ19.5mmで、重量は175gとなる。

どちらもDACにはCirrus Logic CS4398を採用。2.8224MHz/5.6448MHzのDSD再生に対応するほか、192kHz/24bitまでのPCM再生も行なえる。

12月上旬からダウンロード提供されるAudioGate 3は、ユーザーインターフェースを一新。プレーヤー画面のサイズ変更が可能になったほか、マスター・ボリュームや再生音量の調整機能などが追加されている。

AudioGateはTwitterへの登録により無償でダウンロード可能だが、今回はTwitter登録が不要な「AudioGate 3ライト版」も用意する。ただし、ライト版でのDSD再生は44.1kHzまたは48kHzのPCM変換再生となる。

■関連サイト

Source : ASCII

カテゴリー: 科学/テクノロジー   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。