【映画】携帯の着信音で、犯人に気付かれてしまうミラ・ジョボビッチ!

携帯をキーアイテムに使ってる映画紹介です。『フェイシズ』2011年制作。 連続殺人犯の犯行を目撃して、後ずさりしている時、自分の携帯電話がなってしまい、犯人に気付かれ追いかけられる・・・と、さすがにこのベタな演出には笑ってしまいますが、感情移入している「犯行現場」での着信音は観ていてビビりました! まじビビった、マナーモードにしといて! ストーリー: ミラ・ジョボビッチ主演で連続殺人犯を目撃してしまった女性に襲いかかる恐怖を描いたサスペンス。恋人と順風満帆な生活を送っていた小学校教師のアンナはある日、女性ばかりを狙う連続殺人鬼の犯行現場を目撃してしまう。犯人に追いかけられ川に転落したアンナは一命を取り留めるが、その時のショックで人の顔が判別できない「相貌失認(そうぼうしつにん)」という状態に陥ってしまう。目撃したはずの男の顔もわからなくなってしまったアンナに、犯人の影が忍び寄り……。 犯人探しですが、サスペンスの定石『一番怪しくない人物が怪しい』が当てはまるのか?当てはまらないのか?なにしろアンナは、顔が判別できない「相貌失認」なので、最後まで犯人が分からない!? とにかく見てください。 ミラ・ジョボビッチのバイオハザードとは違った『精神的に不安定キャラ』も見所です。 YouTube Preview Image オフィシャルサイト:http://faces-movie.com/