昭和時代のMacを思い出させる角マウス、秋葉館の手で華麗に復刻

初回販売台数は100台のみ! MacもMacintoshもまだない時代。アップル史上はじめてのキーボード分離型パソコン、Apple II GSに付属したADB角マウスのルックスそのままな「ワイヤレス角マウス[CU-KAKU1]」が、秋葉館から発売になります。 光学式(1600dpi高感度ブルーLED採用)・2.4GHzワイヤレス・スクロールホイール・左右クリックボタンと、現代のパソコン環境に合わせた仕様になっているのがポイント。 またUNI LINK&AUTO LINK機能を搭載していることから、Bluetoothではなくロジクールのワイヤレス製品が採用しているUnifying準拠のマウスのようですね。 秋葉館製品化アンケートの段階では、Backボタン・Prevボタン・マルチタッチ(ジェスチャー)・ダミーボール(ボールマウス特有のゴロゴロ感を再現)などの機能も検討されていたようですが見送られたようですね。ダミーボールはちょっと欲しかったかも…。 お値段は5980円で、12月下旬入荷予定。すでに予約がはじまっているので、ファーストロット品は欲しい方はお急ぎください。 Source : GIZMODE