アシアナ航空機事故はコンピュータの扱いに不慣れで起こった

「上司に無礼だからサングラスもかけなかった、着陸やり直しも主張できなかった」というのにはアメリカ人もエエッとなってますが、それ以前の問題として、7月のサンフランシスコ国際空港アシアナ航空214便着陸失敗事故では操縦士が無意識のうちにコンピュータ制御のオートスロットルシステム(自動推力調整装置)の使い方を誤っていたことが、米国家運輸安全委員会(NTSB)の調べで明らかになりました。 機内クルーから事情聴取をしてわかったもの。 事故機を操縦していたイ・ガングク(Lee Kang-kuk:李江国)副機長は、スロットルをアイドルにし、着陸に必要な最低速度を切りそうになればコンピュータが作動してオートスロットルで速度が保たれるものと思っていたんですが、コンピュータの方はアイドルのままでいいんだなって解釈で速度が落ちてって護岸に衝突、回転・炎上して死者3名を出してしまった、ということです。 ブルームバーグが伝えた調査報告書の内容によると、着陸が近づいた際、イ副機長は操縦管理装置と自動推力調整装置に様々な数値を入力したんですが、機体がそれを加速・上昇態勢と解釈したため、スラスト上昇を抑えるため、イ副機長は操縦をオンに戻して下降を続行したんです。で、先般のオートスロットルの設定に加え、自動操縦がシャットオフされた事実が重なり、スロットルは最低の設定のままキープ... 続きを読む Source : GIZMODE