「ミッションは完了した」…ネット監視を告発したスノーデン氏

社会を変えたかったのではなく、変わりたいかどうかの判断をしてほしかっただけだから。 今年世界を騒然とさせたニュースのひとつが、NSA(米国家安全保障局)による米国民のネット活動監視、どころか、同盟国の元首までターゲットとしたありとあらゆるスパイ行為でした。そんな超極秘活動の実態を暴露して今はロシアに亡命しているエドワード・スノーデン氏がワシントンポスト紙のインタビューに答え、久しぶりに口を開きました。 スノーデン氏の行為に対しては賛否両論ありますが、このワシントンポストの記事では、彼のリークによってやっとNSAが1970年代以来初めて世間の批判を受けるようになったのであって、これがなければ将来的にも実態は明るみに出なかったかもしれないと評価しています。たしかに先週、連邦判事がNSAの行為を「ほとんどオーウェルの世界」だと批判し、おそらく違憲だとさえ言っています。オバマ大統領も当初は「監視は必要悪」という姿勢でしたが、今はネット監視がアメリカのビジネスを脅かしているとさえ言うようになりました。 そして今、ワシントンポストによれば、エドワード・スノーデン氏自身が「私は勝った」と言っています。本人がこう発言しています。
私にとって、個人的な満足感という意味では、ミッションはすでに完了しているんです。勝利したんです。ジャーナリストたちが動いた時点で、私がしようとしてたことの全てが是認されました。というのは、私は世界を変えようとしてはいなかったからです。私がしたかったのは、社会に対して変わるべきかどうかを判断する機会を与えることだったんです。
ただ「ミッション完了」とは言ってますが、戦いはまだ... 続きを読む Source : GIZMODE