【レビュー】コンパクトサイズ最新Xperia「Z1 f SO-02F」を試す – “おすすめ3機種”の実力は如何に
005lNTTドコモの冬春モデルとして販売されている「Xperia Z1f SO-02F」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)は、4.3インチのディスプレイを備えた人気シリーズの最新機種だ。 女性にも持ちやすいコンパクトサイズながら、ハイスペックな「Xperia Z1」の特長を兼ね備えている。本稿では、カメラ機能の紹介を中心にレビューをお届けする。
女性にも持ちやすい4.3インチディスプレイを備えた、Xperia Z1f SO-02F

コンパクトだけどハイスペック

ここ最近、スマートフォンのディスプレイは軒並み大型化しつつある。国内外で発売される端末のラインナップを見てみると、5インチ前後のものが多い印象だ。そんな中、Xperiaシリーズではコンスタントに”手のひらサイズ”のスマホを発売している。このXperia Z1f SO-02Fは、「Xperia ray」「Xperia SX」と同じ系譜のコンパクトモデルと言えるだろう。
上端には3.5mmイヤホンジャックを備える(写真左)。左側面には充電端子を配備(写真右)。デザイン面でもXperia Z1の良いところを踏襲している
“女性にも持ちやすい””手のひらサイズ”と形容される端末には、しばしばスペックが犠牲になっているものが見受けられる。しかしこのXperia Z1f SO-02Fは、シリーズ最高のスペックを誇るXperia Z1にひけをとらない。具体的な仕様は、以下の通りだ。 ディスプレイは4.3インチのトリルミナスディスプレイ for mobile(HD:720×1280ドット)を採用した。プロセッサは2.2GHzのクアッドコアCPU(Snapdragon 800)を搭載。RAMは2GB/ ROMは16GBで、外部メモリーとしてmicroSDXC(最大64GB)に対応する。背面に配置されたメインカメラは、有効画素数 約2070万画素の裏面照射積層型CMOSセンサー Exmor RS for mobile。広角27mm、F値2.0の明るい「Gレンズ」採用により、撮影環境を問わずいつでも高精細な写真を撮影できる。
通信面ではNTTドコモのクラッドバンドLTEに対応、下り最大150MbpsのLTE高速通信「Xi」を利用できる。無線LANはIEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)、テザリング機能では最大16台までのWi-Fi機器を同時に接続できる。…続きを読む
[amazonjs asin="B00H6YRDBW" locale="JP" title="Case-Mate 日本正規品 docomo Xperia Z1 f SO-02F Hybrid Tough Case, Black / Black ハイブリッド タフ ケース Made for XPERIA CM030707"]
カテゴリー: カテゴリーなし   パーマリンク

コメントは受け付けていません。