2013年必聴ヘッドホン、インナーイヤー編—気になるモデルを独断でピックアップ

2013年に登場したヘッドホンは、2012年のパロット「Parrot Zik」のように突出した製品こそなかったが、今まで以上に各メーカーの本気度が感じられる、1つ1つが個性を持ったアイテムが増えたように思う。多くのヘッドホンブランドにおいて、人気シリーズの刷新や看板モデルのリニューアルといった攻めの姿勢が活発化する一方で、ソニーやボーズなどの大手も手綱を緩めることなく、面白味のある新製品を続々と投入。こうした2つの大きな動きが、結果として個性的なモデルを多く輩出したと考えられる。 そんな中、期せずしてトレンドとなったのが「ハイブリッド」というキーワードだ。ダイナミック型ドライバとバランスドアーマチュア(以下、BA)型ドライバの両方を搭載したインナーイヤーはこれまでも存在していたが、2013年になると各メーカーから比較的求めやすい価格帯で一気に増加。同様に、2つ以上のドライバや異素材を組み合わせた別解釈のハイブリッドモデルも増えている。また、ヘッドホンにDSPを搭載したり、アンプを内蔵したりとオーバーヘッドのボディを活かした新提案モデルも登場するなど、新たな進化を遂げたヘッドホンが発売された1年であった。 ここでは、インナーイヤーモデルとオーバーヘッドモデル、さらに番外編と3つのカテゴリに分け、2013年の必聴ヘッドホン10選に加え、そこに収まりきらなかったモデルを筆者の独断と偏見で紹介。発売された時系列に沿って、特徴や音質傾向などを交えて振り返る。 各メーカー初採用のドライバや新機能が続々 第1回目は、インナーイヤーヘッドホン珠玉の5選を紹介する。手軽に使える上に遮音性が高く、通勤・通学時に安心して使えるなどの理由から、ヘッドホンカテゴリにおいて常に最大勢力のインナーイヤー。エントリークラスでの人気製品は2013年も変わらず販売が継続されているが、ミドルからハイエンドクラスでは各メーカーともに大きくモデルチェンジを図られた1年だったと言える。主要ブランドの、音質を極めた新フラッグシップモデルや、先に触れたダイナミックドライバとBAドライバのハイブリッドモデルなどが目立っていた。

大ヒット作「TripleFi 10」を進化させた後継機 【Ultimate Ears/UE900 3月発売】

131228_hp_01
3月には、カスタムヘッドホンにも力を入れているUltimate Ears(アルティメットイヤーズ)より、大ヒット作「TripleFi 10」の後継機となるインナーイヤーモデル「UE900」が発売された。人気機種の後継というとそれだけでもハードルが上がるわけだが、そんな気負いを全く感じさせない新たにトライしたデザインも魅力の1つ。 前モデルTripleFi 10は中低域×2基、高域×1基のBAドライバを搭載していたが、本製品では低域×2基、中域×1基、高域×1基へとドライバ数を増やし、かつそれぞれの音質も強化が図られている。より明瞭なサウンドを実現し、自然な低域とともに高解像の中高域が楽しめる。2本の着脱式編組ケーブルを採用し、そのうち1本では、iPhone/iPodで曲の変更や音量調節の操作ができるマイクとインラインコントロール付きとなっている。

「SE535」を超えるインナーイヤー最上位モデル 【SHURE/SE846 8月発売】

131228_hp_02
8月には、高精度なモニタサウンドで名を馳せる、SHUREのインナーイヤー最上位モデル「SE846」が登場。これまでSHUREと言えば、インナーイヤーモニタの代名詞というべき名機「SE535」が存在していたが、それを上回るフラッグシップ機がお目見えとあって発売前から話題となっていた。 高域×1基、中域×1基、低域×2基の計4基のMicroDriver(BAドライバ)構成で、一貫性のある透明な筐体ボディを採用。ドライバの形が外側から見える独特のデザインは自信のほどがうかがえる。特許申請中の新開発ローパスフィルタにより、本物のサブウーファのレスポンスを提供する仕組みを具現化。最上位にふさわしい圧倒的な低音と密度のあるクリアな中高音を実現している。ほかにない交換式ノズルを採用し、3種類の周波数フィルタにより、ユーザー自らが音質調整できるのも目新しい。  

インナーノイキャンでかつてない静寂 【ボーズ/BOSE QuietComfort 20 9月発売】

131228_hp_03
9月には、ボーズ初となるノイズキャンセリング機能を搭載したインナーイヤーモデル「BOSE QuietComfort 20」が発売。同社のノイキャンは、これまでオーバーヘッドのみだったという意外な事実もさることながら、否が応でも期待が高まる静音性能と高音質の掛け合わせに注目が集まった。 ヘッドホンにある2つのマイクで騒音を拾い、プラグの近くにあるコントロールモジュールでデジタル回路に演算。同社史上、最高の静寂と謳う高次元のノイキャン性能を獲得している。また、同モジュールで最適なイコライジングも施されるため、量感あふれる低域と抜けの良いサウンドが聴ける。またミュートではなく、音楽を聴いている状態で、瞬間的に外の音を確認できる「Awareモード」を新搭載するなど斬新だ。マイク付きリモコンでスマートフォンでの通話や手元操作が行なえる。

ソニー初の“ハイブリッド”はハイレゾ対応 【ソニー/XBA-H3 10月発売】

131228_hp_04
10月には、ソニー初のハイブリッドインナーイヤーモデル「XBA-H3」が登場。大口径16㎜のダイナミックドライバとフルレンジ+HDスーパートゥイーターのBAドライバ2基を搭載し、深みのある重低音から鮮やかできめ細かい高域の余韻まで聴かせてくれる。発売後からすでに人気を博している。 BAドライバのHDスーパートゥイーターは振動板にアルミ系合金を採用。ハイレゾ音源への対応を標榜する実力値は、確かに一線を画すスペックだ。一方、ダイナミックドライバには液晶ポリマーフィルム振動板を採用し、存在感のある低音と広大なダイナミックレンジを獲得している。着脱可能な形状記憶イヤハンガーを採用し、自分の耳の形に添った装着感で楽しめるのも◎。通常コードとスマートフォン用マイク付きリモコンコードの2種類が付属されている。

すべて専用設計のBAドライバ4基を内蔵 【オーディオテクニカ/ATH-IM04 11月発売】

131228_hp_05
11月には、オーディオテクニカから同社初となる4基のBAドライバを搭載した旗艦モデル「ATH-IM04」が発売された。これまでは「CK_PRO」シリーズを冠していた全シリーズを一新。新たに“インナーイヤーモニターヘッドホン”という名称の「IM」シリーズとして生まれ変わっている。 特徴的なのは全モデル、各帯域のドライバごとに、最適な独自チューニングが施されている点。「ATH-IM04」では低域×2基、中域×1基、高域×1基の4発の新開発BAドライバを搭載しているが、シリーズラインアップで帯域の味付けが違うわけだ。本モデルではこれらのドライバを専用設計「クアッド・ネットワーク」で駆動し、豊かな低域から明瞭な中高域まで細やかな音のすべてを描き出す。独自の着脱方式を採用したワイヤー入りコードで、耳に合わせて自由に調整可能だ。 インナーイヤーヘッドホンはまさに激戦区 まさに激戦区となったインナーイヤーヘッドホンの5選。2013年を象徴する“ハイブリッド”モデルのほか、各社のフラッグシップ機はやはり見逃せない。ここでは紹介できなかった同じシリーズの下位ラインナップも併せて比較して、自分に最適な製品を見つけてほしい。   Source : CNET