三省堂、自分だけの「手塚治虫作品集」をオンデマンド製本!

手塚治虫作品を組み合わせ、自分だけの作品集を作成できるサービスを三省堂がスタート。 三省堂書店は4月2日、手塚プロダクションの協力を得て、手塚治虫作品をエピソード単位で組み合わせ、自分だけの手塚治虫作品集を作成できるサービスを始めた。1冊174~214ページで、1365円。 手塚作品の電子版などを提供する会員制サイト「手塚治虫マガジン倶楽部」の新サービス。1200話からお気に入りのものを選び、表紙のデザインやキャラクターを組み合わせ、オリジナルの作品集を作れる。選べる表紙パターンはパターン×8色、キャラクターは133キャラクター種類。 印刷製本は、三省堂の「エスプレッソブックマシーン」で行う。自宅などに届けるには別途送料が必要だが、三省堂書店神保町本店の専用端末からオーダーすれば15分ほどで製本でき、マシンが自分の本を作る様子を見ることもできる。 関連サイト:手塚治虫マガジン倶楽部 手塚先生のマンガを編集って恐れ多いですが、ブラックジャックでピノコが主役の話を集めた「ピノコ集」を作ってみようかな。 [Source:ITmedia 2013年04月02日]