ソニー“本気のポタアン”再び、「PHA-2」を聴く – AV Watch レビュー

sony31 ソニーが昨年10月に、同社初のポータブルヘッドフォンアンプとして発売した「PHA-1」。ヘッドフォン/イヤフォンムーブメントの中でも、ポータブルヘッドフォンアンプはどちらかと言うとマニアックな製品で、一部のユーザーが楽しむイメージがあったが、そこにソニーが参入した事は大きなインパクトがあった。 しかも、iPhoneの30ピンDockと接続すればデジタル伝送でき、アンプ内蔵DACで高音質にアナログ変換。PCと接続すれば24bit/96kHzまでのハイレゾデータも再生できると、当時としては高スペックで、「話題だからちょっと作ってみました」というレベルではなく、“ガッツリ本気のポタアン”である事も話題に拍車をかけた。 一方で、当時のウォークマンはWM-PORTからアナログ出力しかできず、PHA-1とデジタル接続することはできなかった。アップルのiPhoneとデジタル接続できるのに、自社製品のウォークマンではそれができないという、考えてみれば妙な状態になっていたわけだ。 そこで、ウォークマンとのデジタル接続や、24bit/192kHzまで対応するUSB DAC機能、DSD再生なども可能にし、さらに音に磨きをかけた“ソニーのポタアン”第2弾が、10月25日に発売された「PHA-2」だ。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は55,000円前後。「PHA-1」(49,350円)よりも6,000円ほど高くなっているが、PHA-1は併売されるため、後継ではなく、上位モデルと言えるだろう。

PHA-1とPHA-2の外見的な違い

外観から見ていこう。気がつくのはカラーリング。PHA-1はやや赤みがかった独特の色合いだが、PHA-2はヘアライン仕上げが映えるブラックカラーになった。基本的なデザインは同じだが、色が濃い分、引き締まって見える。素材はアルミだ。 サイズを比較してみると、68×140×29mm(幅×奥行き×高さ)で、PHA-1の67×130×26mm(同)よりも奥行きが若干伸びている。重量はPHA-1が約220g、PHA-2が約270gと若干重くなった。
左がPHA-1、右がPHA-2。PHA-1は若干赤みがかっているのがわかる。PHA-2は、ブラックボディに金色のハイレゾマークが映える
左がPHA-1、右がPHA-2。端子やレイアウトは基本的に同じだ
重ねて横から見たところ。下段のPHA-2は奥行きが長くなっているのがわかる
左がPHA-2、右がPHA-1。PHA-2の左端にあるのがウォークマンを接続するためのUSB端子だ
NW-F880の長さとピッタリマッチするので、重ねて持っても収まりが良い
ポータブルアンプは持ち歩いて使うため、サイズが大きくなるのは歓迎しづらい。ただ、厚さは29mm(PHA-2)、26mm(PHA-1)とあまり変わらないため、iPhone 4Sやウォークマン(NW-F880)と重ねて持ってみても、“持ち心地”自体に変化は無い。また、筐体は長くなっているが、スマホ/ウォークマンで大半が隠れてしまうため、“長くなったなぁ”という感じもあまりしない。特にNW-F880とは長さがピッタリマッチするので、収まりが良く見えるくらいだ。 ただ、例えばプレーヤーとアンプを小さなポーチなどに入れて持ち運んでいるという人は、奥行きが長くなった事で、これまでのポーチに入らなくなるなどの問題も出てくるだろう。 端子類は、前面にアナログライン(ステレオミニ)の入出力兼用端子を1系統装備。背面にはUSB入力×3がある。USB入力はそれぞれ、ウォークマン用、PC用、iPhoneなどのiOS用だ。前述の通り、ウォークマンとのデジタル接続が可能になったのが大きな進化点だが、可能なのは新ウォークマンの「NW-ZX1」と「NW-F880」のみで、従来のモデルは対象外だ。実際に接続するとどうなるかは後述する。 出力は、ステレオミニのヘッドフォン出力を前面に搭載。電源を兼ねたボリュームノブを備え、それを保護する亜鉛ダイキャストのバンパーを両サイドに設けている。
背面端子部分
前面
PHA-1からの特徴だが、側面に出っ張りがあり、ここに付属のシリコンベルトを引っ掛ける事で、スマホやプレーヤーをアンプに固定できる。ベルトで固定する位置を、ディスプレイにかからないように調整すれば、サンドイッチした状態でも問題なくプレーヤーが操作ができるのは便利だ。
側面に出っ張りがある
出っ張りに付属のシリコンベルトを引っ掛けて、プレーヤーを固定する
シリコンベルトで固定すると一体感が出る
ベルトがディスプレイにかからないようにすれば、操作性は落ちない
プレーヤーとアンプを重ねた際に傷がつかないよう、シートも付属する

PHA-1とPHA-2の機能的な違い

どちらのモデルもPCと接続し、USB DACとして動作するが、PHA-1が24bit/96kHzまでの対応だったのに対し、PHA-2は24bit/192kHzまでをサポートした。転送はアシンクロナスで、高精度のクロックジェネレータで独自のクロックを生成。送信側のクロックジッタの影響を排除している。なお、Windowsの場合は専用ドライバをダウンロードする必要がある。 DSDファイルの再生にも新たに対応した。2.8MHz、5.6MHzのどちらもサポートしている。USB DACとしては、現時点で求められる機能を網羅していると言って良いだろう。
モデル名 PHA-2 PHA-1
USB DAC 24bit/192kHz 24bit/96kHz
DSD
ウォークマン デジタル接続
iPhone デジタル接続
なお、ハイレゾの拡充を進めているソニーでは、同社が定義する条件にマッチしたモデルを「ハイレゾ製品」として訴求している。その条件は、再生周波数帯域40kHz以上のモデルで、社内の聴感検査をパスする事だが、ポータブルアンプでは24bit/96kHz以上に対応し、FLAC/WAVへの対応も必須とされている。この結果、PHA-1とPHA-2は、どちらも“ハイレゾ製品”として訴求されている。
Hi-Res Audio Player。DSDファイルを再生しているところ
Windows用のプレーヤーソフトも用意されている。「Hi-Res Audio Player」と名付けられたもので、ソニーのサポートページから無料でダウンロードできる。使い方は簡単で、起動後に設定画面から「Sony ASIO driver」を選択するだけ。複雑な設定をしなくてもDSD再生できるのは安心感がある。 ソフトの機能としてはシンプルだが、プレイリスト作成なども可能だ。DSD再生だけでなく、WAV/AIFF/FLAC/Apple Lossless(ALAC)/MP3の再生も可能。また、別のソフトとしてfoobar2000を使ったところ、このソフトでも無事再生できた。なお、Hi-Res Audio Playerは、PHA-1には対応していない。
24bit/192kHzのFLACを再生しているところ
「Hi-Res Audio Player」の設定画面。「Sony ASIO driver」を選択するだけだ
foobar2000も利用できた
音質面の大きな違いは、DACが異なる事。PHA-1はWolfsonの「WM8740」を、PHA-2はTIの「PCM1795」を採用し、DSDにも対応した。マスタークロックは内部に2個のクロック発振(22.5792MHz/24.576MHz)を持っており、44.1k、88.2k、176.4k用と、48k、96k、192k用とでクロックを切り替えている。 さらにPHA-2では、35μmの厚膜銅箔プリント基板やオーディオ回路のフィルムコンデンサなど、高品位なオーディオ専用部品も採用している。アナログ回路とデジタル回路を分離させたレイアウトとする事で、干渉による内部電気的ノイズの発生を低減した。
ヘッドフォンアンプICはTIのTPA6120。正負2電源方式によるOCL出力段を使い、パワフルに駆動できるという。最大出力は約165mW×2ch(8Ω/10%歪)。側面にはゲイン切り替えスイッチも搭載。ラインアウト用にはTIのオペアンプ「LME49860」を使い、DACからの出力をそのまま2Vrmsで出力している。
バッテリの持続時間は、デジタル接続で約6.5時間、アナログ接続で約17時間。PHA-1はデジタル接続で約5時間、アナログ接続で約10時間であるため、どちらも伸びている。 …続きを読む