プランクトン食べ繁栄=エビ似の古生代動物-欧州チーム – 時事通信

cambrico 古生代カンブリア紀に繁栄したエビに似た大型動物「アノマロカリス」類の一種は、現代のヒゲクジラ類のように、海中のプランクトンをくしのような器官でこし取って食べていたと推定されることが分かった。

英ブリストル大などの欧州チームがグリーンランド北部の約5億2000万年前の地層で見つかった器官の化石を分析し、27日付の英科学誌ネイチャーに発表した。

アノマロカリス類は、推定全長が約1メートルの化石も見つかっている。当時は生態系の頂点に位置し、2本の前脚のような器官で獲物を捕らえていたと考えられてきた。

今回化石が新たに見つかった学名「タミシオカリス・ボレアリス」の全長は不明だが、当時の海は予想以上に豊かで、プランクトンを大量に食べて生きることができたのではないかという。

FP-003 アノマロカリス ソフトモデル