アップルの「iWatch」、2014年第3四半期に登場か – CNET Japan

[caption id="attachment_55555" align="aligncenter" width="572"]iwatchmockup_460x345 米CNETが想像するiWarchの大まかな外観。 提供:Sarah Tew and Christopher MacManus/CNET[/caption]

盛んにうわさされているAppleの「iWatch」は、ようやく2014年に登場するのか?少なくとも、最新のうわさの1つによるとそのようだ。

台湾のEconomic Daily News(経済日報)によると、Appleによる待望のスマートウォッチiWatchが2014年第3四半期に登場するという。サプライチェーンの情報筋は同ニュースサイトに対し、部品構成表(BOM)とされるものを根拠に、Appleが2014年中に6500万台のiWatchを製造することを目指していると述べた。

この情報筋は、iWatch本体はQuanta Computerによって製造される予定だと述べている。Richtek Technologyがチップを、TPKがサファイアガラス使用のタッチパネルをそれぞれ製造する見込みだという。さらに、AppleはiWatchのプロセッサを開発中だが、チップの製造はサムスンに外注する予定だ、と同情報筋は付け加えた。

サムスンなど技術企業数社がすでに独自のスマートウォッチを発表しているので、Appleはもはやこの分野に乗り遅れている。とはいえAppleは、競合製品よりも優れたデバイスでスマートウォッチ市場を活性化するかもしれない。AppleのiWatchは、ユーザーの「iPhone」と連携するほか、「iOS 8」向けアプリ「Healthbook」を利用することにより、健康状態とフィットネスを追跡する装置として機能すると報じられている。

次々に流れてくるiWatchのうわさの中で、最新となる今回の情報は、控えめに受け止められるべきなのは確かだ。Apple製スマートウォッチに関する報道は、かなり前から浮上していた。しかし一方で、他の最近の報道は、iWatchが2014年に登場する見込みだとしている。