東芝、世界初の4KノートPC「dynabook T954」 – 15.6型で3,840×2,160ドット

001l

東芝は16日、4K解像度に対応した世界初(※)のノートPC「dynabook T954」を発表した。液晶サイズは15.6型でIGZOパネルを採用。解像度は3,840×2,160ドットで画素密度は282ppiに達する。発売は4月25日の予定で、価格はオープン。店頭予想価格は税別230,000円前後。

一台一台に米テクニカラー社の認証を受けた色調整(キャリブレーション)を施して出荷する。4K対応液晶テレビ「REGZA (レグザ)」の「CEVO 4K」をベースとした超解像技術「レゾリューションプラス」により、静止画では微細なテクスチャーや輝きを復元。動画では記憶色に近い色調を再現し、シャープネス、コントラスト、テクスチャーを鮮やかに補正する。また、4K未満の低解像度ソースの再生においても、REGZAのスケーリング技術を活かしている。

グラフィックスにはAMD Radeon R9 M265Xを搭載。液晶画面はタッチパネル付きで、光沢仕上げとなっている。SDカードスロットはUHS-II規格に対応し、カメラで撮影した4K映像の転送に利用できる。ソフトは「Adobe Photoshop Lightroom 5」などが付属する。

主な仕様は、CPUがIntel Core i7-4700HQ (2.4GHz)、メモリがPC3L-12800 8GB (4GB×2)、グラフィックスがAMD Radeon R9 M265X、ディスプレイが15.6型ワイド液晶 (3,840×2,160ドット、タッチパネル)、ストレージが1TB SATA ハイブリッドドライブ、光学ドライブがBDXL対応ブルーレイディスクドライブ、OSがWindows 8.1 64bit。

通信機能はIEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.0、1000BASE-T対応有線LAN。インタフェースはUSB 3.0×4、HDMI、約92万画素のWebカメラなどを装備する。スピーカーはharman/kardon製で、Bluetoothマウスが付属する。

サイズは約W377.5×D244.0×H27.9mm、重量は約2.4kg。バッテリ駆動時間は約3.6時間 JEITA 2.0/約4.0時間 JEITA 1.0。

[amazonjs asin="B00JR0Q5D0" locale="JP" title="東芝 dynabook T954/89L Office付き (ライトゴールド) PT95489LHXG"]