この世界を歩きたい。ジェレミー・マンが油彩で描く、美しすぎる都市風景

なんでもない街角が、こんなに美しく見えるなんて。 いつも素晴らしいアートネタを提供してくれるColossalが今回フォーカスしたのは画家ジェレミー・マン(Jeremy Mann)さんでした。彼の作品のテーマは、大型のパネルに乗せた、ざらっとした筆致から生まれる光と色の艶やかな都市風景。視覚的な美しさだけでなく、その場の空気湿度まで手に取るように伝わってきます。いやー、これは名作と言わざるを得ない。 冒頭の絵画はニューヨークのタイムズスクエア。そして下はユニオンスクエアをはじめ、様々な角度から都市を切り取っています。 140415jeremy-mann_02.jpg 140415jeremy-mann_05.jpg 140415jeremy-mann_07.jpg 140415jeremy-mann_09.jpg この人物画もすごく好きです。 140415jeremy-mann_12.jpg ジェレミー・マンさんはカリフォルニア州サンフランシスコを拠点に活動する画家。ご本人のブログで作品を追うことができますよ。