【レビュー】ハイレゾ対応の多機能USB DAC/ポタアン「Sound Blaster E5」 – AV Watch

01

 ポータブルオーディオ周りでは、USB DAC搭載のポータブルヘッドフォンアンプが流行っている。今年に入ってから、ハイレゾ音源への対応した製品でも、手に入りやすい価格帯の製品になって、音質面でも機能面でも魅力的な製品が増えてきている。

 クリエイティブメディアが11月に発売した「Sound Blaster E5」は、USB DACとして動作し、192kHz/24bitまでのハイレゾ音源に対応するほか、スマートフォンともUSB接続できるポータブルヘッドフォンアンプ。さらにはNFCやBluetooth 4.1対応、独自のSBX Pro Studioによるマルチメディア再生など、機能豊富なSound Blaster EシリーズのUSB DAC/ポータブルアンプ フラッグシップモデルだ。実売価格は24,000円前後。

 フラッグシップ、といっても2万円強とポータブルアンプとしてはリーズナブル。DACチップにはCirrus Logicの「CS4398」を、ADCにはCirrus Logic「CS5361」、ヘッドフォンアンプにはTI「TPA6120A2」を搭載するなど、スペック面でも充実しているが、独自のオーディオプロセッサ「SB-Axx1」と、「SBX Pro Studio」テクノロジーにより各種エフェクトが利用が利用できるのも特徴だ。

 また、3つの内蔵マイクを備え、単体でステレオマイクとしても使用可能。内蔵マイク使用時は、デバイスの向きに応じて自動的に一対のマイクを選択し、ステレオマイクとして動作する。入出力端子は、ヘッドフォン出力×2、ライン出力×1、光デジタル出力(丸型)×1、マイク入力×1、ライン入力×1、光デジタル入力(丸型)×1を装備。ライン出力と光デジタル出力は共用、ライン入力、マイク入力も共用だ。なお光デジタル入力は96kHz/24bitまでの対応となる。

つづきを読む

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。