人気キャラクター「ダンボー」のモバイルバッテリーがカワイすぎる!! と海外で大人気に! 電池の残量に合わせて目の色が変化しちゃう – ロケットニュース

3

日本のアニメやキャラクターグッズは、世界中で大人気だ。日本人独特のセンスや感性が反映されたデザインは、他の国では真似できない個性を放っていると言えるだろう。

そんな、日本でも大人気キャラクターとして知られる “ダンボー” のモバイルバッテリーが、海外で「カワイすぎる!!」と大人気を呼んでいる。特にミニタイプ(小ダンボー)は、電池の残量に合わせてダンボーの目の色が変化する仕組みで、充電さえ楽しめてしまうところがウケているのだ。

・ダンボーのモバイルバッテリーが海外で話題に!

ダンボーは、あずまきよひこ作の漫画『よつばと!』に登場する架空のロボットである。シンプルだが愛嬌のあるキュートなデザインなため、フィギュアを始めとするグッズが販売されてファンを増やし続けている。

なかでも海外で話題を集めているのが、ダンボーの頭部をド~ン! とアレンジしたモバイルバッテリーだ。「cheero Power Plus」とのコラボによるバッテリーは、2013年6月に販売開始された際、たった1時間で1000個も売れてしまうほどの大ヒットに! 現在はcheero Power Plusのサイトや、通販のよつばとダンボーストアなどで購入可能だ。

・ 電池の残量に合わせて目の色が変化!!

容量が10400mAhと大きいタイプは、iPhoneが約5回も充電できるという大容量バッテリーで、これだけオシャレでカワいければ大人気商品になるのも納得だ。海外のサイトでは、「日本の漫画ファンじゃなくても欲しくなる!」と紹介されている。

しかも、容量が6000mAhのミニタイプは、電池の残量が1~33%ならダンボーの目の色が赤色になって点滅を始め、34~66%になったらオレンジ色、67~100%なら黄色に変化。「電池の残量に合わせて目の色が変化するなんて、最高にクール!!」と大絶賛されている。

大きいタイプではダンボーの目は光らず、5段階インジゲーターランプによってバッテリー残量が表示される仕組みだ。

・色も7色からチョイス

海外では大きいタイプのバッテリーが49.99ドル(約6000円)で、6000mAhのミニタイプは39.99ドル(約4800円)の価格で販売。ちなみに日本では、cheero Power Plusのサイトにて大きいタイプは3750円、iPhoneが2.5回充電可能なミニタイプは3250円の価格で購入できる。それと比べると、やはり海外の販売価格は、かなり割高だ。

色もオリジナルのライトブラウンに加えて、ピンクにグリーン、オレンジといった豊富なカラー7色からチョイスできる。カラー版も、両タイプともにオリジナルと同じ仕様だ。「オタクっぽいけど定番なデザインのバッテリーを使って、キュートな日本に対する愛を示してみては?」と、海外ユーザーに向けて発信されている。

日本語を喋れない人でも「カワイイ」という言葉を知っている人が多くなり、日本の “カワイイ文化” はかなり世界中で浸透している様子。これからも海外で日本のキャラクターグッズがドンドン紹介されて、もっと注目を集めるようになりそうだ。

 

ロケットニュース24