ALO audio、電圧15V設計/IEM向け仕様のポタアン「Rx / Black」 – Phile-web

1

ミックスウェーブ(株)は、同社が取り扱うALO audioから、ポータブルヘッドホンアンプ“Rxシリーズ”の新モデル「Rx / Black(型番:ALO-4402)」を6月18日に発売する。価格はオープンだが、48,500円前後での実売が予想される。


5月に85台限定で発売した「Rx / Nickel plating」のブラックカラーモデル。本機は数量限定ではなく、通常生産品として継続して生産・販売される。

本体カラーがブラックになった以外はRx / Nickel platingと同一の仕様を備えている。入出力端子に3.5mmステレオミニを1系統ずつ備えるのみという、シンプルな構成のアナログポタアン。


内部にはよりクリーンな電力供給を行うため、新しいコンデンサーを採用した。通常3.3V程度の内部電圧を本機では15Vとし、より広いダイナミックレンジを確保できるようにこだわって設計されている。

周波数特性は20Hz~50kHz(±0.6dB)/20Hz~20kHz(±0.05dB)で、周波数カットオフの位置を十分に余裕を持たせた80kHz付近にしており、歪みを抑えている。THD+Nは0.002%以下(100Hz~50kHz)。

入力インピーダンスは10kΩで、出力インピーダンスは0.5Ω以下。ゲインは約-14.6dB。イヤモニを接続してより良く音楽再生を楽しめるよう、低インピーダンス設計としていることも特徴。イヤモニのドライバーが有する各周波数帯のインピーダンス特性に対しての影響を抑制させつつ、ダンピングファクターを向上させるという。

内部にはリチウムポリマーバッテリーを搭載しており、USB充電に対応。3時間の充電で最大10~13時間の連続駆動が行える。

本体サイズは57W×104H×17Dmmで、質量は103g。

【問い合わせ先】
ミックスウェーブ
TEL/03-6804-1681

phileweb