ティアックのポタアン「HA-P50」にスペシャルエディションが登場 – ITmedia

l_ts_hap50se01

 ティアックは9月11日、USB-DAC付きポータブルヘッドフォンアップ「HA-P50SE」(Special Edition)を発表した。オープンプライスで9月下旬に発売する。実売想定価格は2万6800円(税別)。

 「HA-P50」をベースにしながら、アンプ部に上位機種「HA-P90SD」でも採用実績のあるオペアンプ「OPA1602」を搭載。ワイドレンジな表現力を獲得したという。また外装にはダイヤカットを細部に施し、「スペシャル・エディションに相応しい性能と外観を備えた」(同社)。本体カラーは、HA-P90SDに近い、明るいシルバーだ。

ts_hap50se02.jpg
ダイヤカットを細部に施している

 

ts_hap50se03.jpg

 

 そのほかの仕様は、従来のHA-P50と同じ。なお、Special Editionといっても限定版ではなく、「HA-P50」の上位モデルとなる。