Googleの新チャット・通話アプリは「ハングアウト」、iOS / Android / Chromeで提供

xgoogle-hangouts-ios.jpg.pagespeed.ic.y1ZvvZXRQg 開発者イベント Google I/O 2013 の初日基調講演で、Googleが新しいコミュニケーションツール Hangouts (ハングアウト)を発表しました。名称は Google+ のビデオチャット機能と同じですが、マイクロソフトの Skype やアップル iMessage / FaceTime、あるいはLINEなどの統合コミュニケーションツールと競合するクロスプラットフォームサービスに進化しています。 新生ハングアウトの特徴は、これまで複数のGoogle サービスに分散していたビデオ通話(10人まで)・音声通話・テキストチャット(絵文字や写真対応)を統一して扱うこと。また Android / iOS アプリのほか、PCのGoogle+や Gmail、Chromeアプリなど、さまざまなプラットフォームで使えること。 YouTube Preview Image そのほかの仕様は、 ・通話やチャットは一人でもグループ(Google+サークル)でも可能。ビデオ通話は同時10人まで。 ・プラットフォームやデバイスをまたいで会話を続けられる。 ・新着通知はひとつの端末で受ければ、ほかの端末では消える。 ・チャットに写真を投稿できる。写真はハングアウトのセッションごとにアルバム保存され、「このグループで共有した写真リスト」のようにいつでも参照できる。 ・会話履歴をクラウド保存。どの端末でも、どこまでも遡れる。履歴はオフにすることも、アーカイブ・削除も可能。 ・相手がオフラインでもメッセージを送れる。 ・相手のステータス表示(入力中、メッセージの開封通知、ハングアウト中など) ハングアウトはウェブでは Google+ のハングアウト機能として、またGmail チャットの置き換え(Hangouts を試すオプションを有効にする)、Chromeアプリとして、Windows / Mac / Linux ほかで利用できます。 Chromeアプリ版 (Chrome Web Store, 旧名 Chat for Google) モバイルアプリ版は、 Android (Google Play) iOS (App Store) [Source : engadget 2013年05月16日]