ORB、2台1組でバイアンプ使用するポタアン「JADE next Ultimete bi power」 – Phile-web

bipower-img-red_big

ORBは、ポータブルヘッドホンアンプ「JADE next」を大幅リファインし、バイアンプ接続の採用など

でさらなる高音質化を図った「JADE next Ultimete bi power」と、その本漆塗り仕上げモデル「JADE next Ultimate bi power JAPAN」を10月22日に発売する。


JADE next Ultimete bi power


「JADE next Ultimete bi power」は2台一組にてヘッドホン/イヤホンをバイアンプ駆動するヘッドホンアンプ。限定50セットの販売で、価格は82,000円(2台1セット・税抜)。本体色はRuby Red/Dark Navy/Blackの3色から選択できる。

「JADE next Ultimate bi power JAPAN」は限定20セットの販売で、価格は85,000円(2台1セット・税抜)となる。


JADE next Ultimate bi power JAPAN


両製品とも、付属される専用の入力ケーブル/ヘッドホンケーブルを選択できる。入力ケーブルは、バランス対応モデルとアンバランス対応モデルの2種類を用意する。

ヘッドホンケーブルは、MMCXモデル、HD25モデル、HD650モデル、FitEarモデル、Custom IEM 2pinモデルをラインナップする。

上記のように「JADE next」の設計を0から見直し、大幅にリファイン。「モデルそのものの音質を大幅に向上するとともに、専用設計のケーブルと共に、バイアンプ接続モデルとして全く新しく生まれ変わった」としている。

2台のポータブルヘッドホンアンプをパワーアンプとしてバイアンプ接続することで、L/Rの電源分離、電源の余裕度向上、L/Rチャンネルのクロストーク低減などを実現するとしている。

同社では、回路のグランドに出力の信号電流が流れないことにより、アンプの帰還ラインの混変調歪の低減と、ヘッドホン/イヤホンに流れる電流による電源の変動、揺れが打ち消しあい、変動、揺れのない理想的な電源とみなすことが可能だと説明。それにより、力強く量感溢れる低域と、それに負けることのない中高域の抜けの良さを両立したとしている。

1台につき単4電池2本で高電圧10Vに昇圧する回路を採用。電源電圧10Vまで昇圧するハイインピーダンスモード(HiZo)と、通常のノーマルモード(ECO)を選択できるようになっている。

また、電源に1000μFの電解コンデンサを導入し、電源を低出力インピーダンス化。これにより電池駆動の弱点である中・低音の駆動能力を向上を図ったという。

そのほか、付属のケーブルにはマイスタークラフトマンの製作するClear forceを選んでいる。

「JADE next Ultimate bi power JAPAN」では、金沢の漆塗り美術工房で豊富な経験を持つ漆塗り職人の手による本漆塗り仕上げを採用している。