3Dアニメのパイオニア、ピクサースタジオの進化の変遷

1986年の設立当初から常に技術の最先端を突き進み、家族みんなで泣いて笑って楽しめるアニメ映画を作り続けているファミリー・フレンドリーな映画制作会社ピクサー

 

そのクオリティはお墨付きで、公開されたら「とりあえず観ておけ」と言われるほど。単なる子供騙しな内容とは違い、しっかりとしたストーリーにメッセージ性の強いテーマ、どの年代が見ても得るものがあるというのが愛される所以でしょう。

 

そんなピクサーが今年リリースするのは、『カーズ』シリーズ最新作でモロに大人をターゲットにした『カーズ/クロスロード』と、死後の世界を舞台にしたオリジナル・ストーリーの『リメンバー・ミー』。両作の公開を待ちきれないBurger Fictionが、ピクサースタジオのアニメ変遷動画を作ったようです。

では、設立から31年でどれほどの進化があったのか一発でわかる14分超えの動画をご覧ください。

 

 

 

Video: Burger Fiction/YouTube

 

動画はBurger Fictionより。

続きを読む

FUNNY!: ピクサー・ストーリー・ルームのユーモアあふれる25年間 (CHRONICLE BOOKS)