品薄続くニンテンドースイッチを“逆輸入”販売


キュレーションセールスのヴェルテは、品薄状態が続く家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」(任天堂)の“逆輸入”販売を開始すると発表した。
 

Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド

今年3月3日の発売以降、4か月が経過した今もなお手に入りにくい状態が続き、大ヒットしている「Nintendo Switch」。7月21日には、夏の目玉タイトル「スプラトゥーン2」が発売され、本体を求めて“争奪戦”はますます熱を帯びている。



任天堂は年末商戦に向けて増産することを明らかにしているが、10月にはビッグタイトル「スーパーマリオ オデッセイ」が控え、さらに年末にもう1本“隠し球”があると噂されていることもあり、年内は品薄が解消されるかどうか不透明な状況だ。

そうした中、いわゆる“転売屋”から高額で泣く泣く購入する人も出ているが、今回ヴェルテが開始する“逆輸入”は、海外で販売されている「Nintendo Switch」を国内向けに仕入れ、販売するというもの。「Nintendo Switch」には、日本版、アメリカ版、ユーロ版、オーストラリア版、アジア版があるが、リージョンロックがないため、各国のソフトは相互に利用可能だ。
 

Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド

価格は国内の正規価格よりも高い、58,400円(税込み)。ただ同社は「割高に見えますが国内品の転売ではありません」としている。
 

続きを読む