1/24スケールのGoogleストリートビューカーを作った猛者現わる。ちゃんとカメラ付き!

Googleミニチュアワンダーランドに、ぜひ!

Google(グーグル)が提供しているGoogleマップの中でも、やっぱり忘れてはならないのが「Google ストリートビュー機能」。自分の好きな場所に擬人化した視点を置いて、まるでその場所を歩いているかのように(時にはテレーポーテーションしているかのように!)地図の詳細を確認できる機能です。屋外だけでなく、美術館の中や、国際宇宙ステーション内部にまで入れたりと、もはや人が行ける場所であれば、どこでも行けるんじゃないかくらいのスーパーツールです。

 

 

1/24スケールのGoogleストリートビューカーを作った猛者現わる。ちゃんとカメラ付き! 1
Image: Briziozdotcom/Reddit via 9to5Google
こちらが本物のGooleストリートビューカーです。

 

このGoogleストリートビューは、主にGoogleストリートビューカーという、360°撮影できる専用カメラを搭載した車によって撮影されています。人や自転車を使っているケースもあるようですが、車の走れる場所ではこの専用車を使っています。

 

1/24スケールのGoogleストリートビューカーを作った猛者現わる。ちゃんとカメラ付き! 2
Image: Dmitri Ma/Shutterstock.com

 

そこでなんと、このGoogleストリートビューカーを1/24スケールのモデルカーで再現してしまった猛者が現われちゃいました。しかも、カメラ付き! 9to5Googleによると、このモデルカーを作成したのは、モデルカーの改造に関して有名な、Brizios.comを運営するFabrizioさん。改造に使ったモデルは1/24スケールのスバル インプレッサ(STI)ですって。実際のGoogleストリートビューカーに使われる車種は国によって異なりますが、インプレッサもそのうちの1つです。

 

車体のGoogleマップ模様やロゴ、サイドミラーのカラー、車載カメラのニョキッとした雰囲気まで再現してくれています。しかも、車内には小型のバッテリーとサーキットボードが搭載されているので、カメラを実際にリモコンで操作することも可能なんですよ。カメラが360°撮影に対応しているかどうかは定かではないのですが、この高いクオリティには脱帽です。

 

FabrizioさんにはぜひGoogleの「ミニチュアワンダーランド」のさらなる発展に寄与してもらいたいものです。

 

Fabrizioさんのサイトにいけば、ほかにもカスタマイズされたさまざまなモデルカーが見られますよ。

 

 

Image: Briziozdotcom/Reddit via 9to5Google, Dmitri Ma/Shutterstock.com
Source: Briziozdotcom/Reddit via 9to5Google

 

続きを読む