アイスクリーム工場の「黄色いロボット」、自分が凍らないよう50分に1度自力で運動 グリコ工場に潜入してきた

 江崎グリコは7月13日、同社初となるアイスクリームの見学施設「グリコピア CHIBA」(入館無料)をオープンした。ここでは、「パピコ」や「セブンティーンアイス」などが製造されている。

 工場と言えば、機械がガションガションと定期的なリズムを刻み、材料が徐々に組み合わさって完成していく姿をじーっと見るのが醍醐味(だいごみ)。新しい見学施設ができたのであれば、これは行かなくてはならない。場所は、千葉県野田市。

 

 

アイスクリームの見学施設「グリコピア CHIBA」

のどかな街並みの中に、工場が立っている

 

アイスクリームの見学施設「グリコピア CHIBA」

壁一面にアレが!

 

 施設に入ると、あのキャラクターが壁一面でお出迎え。この壁の中にはスクリーンがあり、江崎グリコの歴史や工場の説明を映像で見られる。ちなみに、「グリコ」は「グリコーゲン」から来ているのだとか。子どもの成長を願い、「牡蠣の煮汁に含まれるグリコーゲンを子どもが好きなお菓子に入れてはどうか」という発想からきたものだという。

はっとする仕掛けが

 説明が終わると、早速生産ラインの見学へと移動。初めに、強い風を吹き付け体に着いたほこりなどを取り除く「エアシャワー」を体験。工場では異物混入などを防ぐための安全管理が徹底されており、10の工程をクリアしないと入れないようになっているほか、作業服にはICチップが埋め込まれ、製造室に入退出する際に記録されるという。

 

アイスクリームの見学施設「グリコピア CHIBA」

エアシャワー

 

 材料は、温度帯の異なる倉庫(「常温倉庫(20度)」「チルド倉庫(3度)」「冷凍倉庫(-25度)」)で管理され、約24時間かけてそれらを混合。殺菌・脂肪の粒の均質化処理を加えた後、巨大なタンクが集まる場所へと移動する。

 ここではちょっとした仕掛けが。巨大タンクを模したボックスの中に霧でできたスクリーンが現れ、霧の中を通るとパピコのチョココーヒー味をイメージしたほのかに甘い香りがする。この施設では「ワクワク感」を大事にするため撮影不可の場所がいくつかあるが、ここもその1つ。その後アイスを-3度まで凍らせ、容器に詰めていく。

 

アイスクリームの見学施設「グリコピア CHIBA」

ここでアイスをねかせ、滑らかにする

 

 アイスクリームを容器に詰める作業は、ロボットもお手伝い。社外で生産されたパピコのビニール容器を膨らませて機械にセットする……という作業があるのだが、これまでは全て人間の手作業だったという。そこに2017年2月、ロボットを導入。約3分の1の省人化につながったそうだ。最終的には、ここで監視する人間を1人にするのが目標とのことだ。

 最後に仕上げの冷凍をしたらアイスは完成! この冷凍方法が特殊で、らせん状の冷凍庫で35分かけて凍らせる。これにより、従来は約バスケットコート1面分必要だったスペースが、半分以下で済むようになったという。この「スパイラル急凍」を再現した映像が実はエレベーターの中で流れ、アトラクションのような体験ができる(撮影不可)。また、アイスクリームを保存する-10度の部屋もあり、アイスクリームの気持ちになることもできる。

氷点下で働く「黄色いロボット」

 筆者が一番萌えたのは、出来上がったアイスを包装する工程。ここでは、あのファナック社の黄色いロボットが多数働いている。このとき、ロボットは右左と交互に作業をしているだけではなく、センサーを使って補充が必要だと判断する方向へとアームを動かしているそうだ。

 

アイスクリームの見学施設「グリコピア CHIBA」

ファナックだぁぁあああああ!

 

アイスクリームの見学施設「グリコピア CHIBA」

どアップ

 

 面白かったのは、「パレタイザー」というロボットが自分自身が凍り付かないために、50分に1回屈伸運動をしているという話。このロボットがいるのは、包装後の商品を保存するための「保存庫」で、-10度という環境。包装後の商品をパレットに積んでいく作業をするが、常に動き続けているわけではない。そのため、自力で屈伸運動できるプログラムを入れているという。

 

出来上がったアイスを包装するロボット

 

 

 この施設は、もともと営業活動の一部としてバイヤーなどに見せるためにあった工場。それを大きくリニューアルし、エンタ-テイメント性を持った見学施設へと作り変えた。館長は言う――「なんか、ワクワクしてもらえれば」。

 

ITmedia NEWS 製品動向 最新記事一覧View original post.