「iOS 11ベータ版」のSOS機能は、強引にTouch IDでロック解除させられるのを防ぐ

国によっては警察官の強要を防げるかも?

 

指先でサッとiPhoneのロックが解除できる指紋認証機能「Touch ID」は便利ですが、一方では意識がなくても指先に触れさせることで解除できる思わぬ欠点も…。また、警察官がTouch IDによるロック解除を強要する場合があるかもしれません。そんな状況に対処すべく、Apple(アップル)はiOS 11のベータ版に「SOS機能でのTouch IDのオフ」という機能を追加しました。

 

MacRumorsの説明によれば、このSOS機能は電源・スリープボタンを5回連続で押し込むことで起動。画面上には医療用IDを表示したり、緊急通報の発信が行えます。そして緊急通報をおこなったり、キャンセルボタンを押すと、パスコードでのロック解除を行なうまでTouch IDが利用できなくなるのです。つまり警察官がTouch IDの利用をあなたに強要したとしても、無意味となるのです。

 

もちろん、強盗や警察官に直接パスコードを入力するように強要されたら、この機能は用をなさないでしょう。しかし、万が一のシチュエーションにおいて少しでもiPhoneのデータを守れる可能性が上がることは確かです。

 

ちなみにこのSOS機能は、iOS 10.2のベータ版で一度テストされていた機能ですが、結局正式版のiOS 10.2には採用されませんでした。今回も、iOS 11ベータ版にて確認されましたが、今回こそは正式版のiOS 11に採用されることでしょう。

 

iOS 11は今年の秋、おそらく新型iPhoneこと「iPhone 8」とほぼ同時期にリリースされます。この機能が役に立つところは想像したくありませんが、いざというときはロックボタンを5回連打するSOS機能のことをなんとか思い出してくださいね。

続きを読む