「イーグルの視点」から見たアルプス山脈が美しすぎる / 貫禄たっぷりの飛び方にも注目

空を飛ぶことで厳しい生存競争に勝ち残ってきた優秀な生物が「鳥」である。人間も鳥のように自由に飛べる日を目指しているが、鳥のレベルまではまだまだ到達していないのが現状だ。

そんな中、お届けするのは鳥類の中でトップクラスの強さを誇る『鷲(イーグル)』にカメラを装着して撮影した驚異の空撮映像である。画面いっぱいに映し出される広大な景色と、風に乗って堂々と空を舞うその様子をご覧いただきたい。

・鷲の視点から見たアルプス山脈の高画質映像

YouTubeで公開されている動画のタイトルは「Through an Eagle’s Eyes: Breathtaking 4K POV over the Alps」だ。これには、鷲が空を飛ぶ様子と共に、鷲の視点から見たアルプス山脈が超高画質で収められている。

・貫禄たっぷりの飛び方に注目

上空から見るアルプス山脈の美しい眺めもさることながら、注目すべきは鷲の飛び方だ。動画で翼の動きを確認すると、非常に羽ばたく回数が少なく、翼を広げたまま滑らかに空を舞う様子が見て取れる。

なんでも鷲は、大きな翼を羽ばたかせるとエネルギーの消費が大きいため、上昇気流を上手く利用してほとんど羽ばたかずに飛ぶのが特徴なのだという。まさに、鳥類の王者にふさわしい無駄のない貫禄たっぷりの飛び方だ

エネルギーを使わず華麗に空を舞う鷲のように、人間もスマートに空を飛び回れる日は来るのだろうか? この動画を見ていると、鷲と人間の圧倒的な差を感じずにはいられない。

 

 

▼鷲の視点から見た映像がこちら

 ロケットニュース24View original post.