【父親の神対応】少年が飲み物を公共の場でこぼす → 床がぐちゃぐちゃに → お父さんの素晴らしい対応に「叱ることと指導の違い」を教えられる

育ち盛りのヤンチャな子供を育てる親御さんにしてみたら、「静かにしなさい!」とか「やめなさい!」といった具合に怒ってばかり……というケースになりがちかもしれない。

しかし、「叱りつけることと指導は違うのではないか?」と思わせてくれるような父親が、ネットで話題となっているので紹介したい。ある少年が、スーパーで飲み物をこぼして床をグチャグチャにしてしまったのだが、少年の父親の対応が感動すら覚えそうなほど素晴らしいのである!

・ある少年がスーパーで大失敗!

米ミネソタ州ミネアポリスに住むカリーン・マリーさんという女性が、大手スーパーのカフェにいると、6歳ぐらいの息子を連れた父親が入って来たのだとか。

彼女は、その時の出来事を自身のFacebookページに投稿しているのだが、少年がスラッシーというドリンクを落として、床にまき散らしてしまったとのこと。なお、スラッシーとはフルーツシャーベットを少し溶かしたような、濃いスムージー状のドリンクである。

・父親の対応が素晴らしすぎる!!


この場合、親は店を汚して迷惑をかけたことを店員に詫び、粗相をした子供を叱りつけるパターンが多いのではないかと思う。ところが、少年の父親は息子を叱るどころか、「こういった失敗も起こる。一緒にナプキンを取って来よう。パパが掃除の仕方を教えてあげるよ」と言い、二人で掃除を始めたのである!

続けて父親は、「これからの人生、先は長い。お前は賢いんだから、もっと自分がしていることに注意を払って、こういった失敗を起こさないように気を付けるんだぞ。それでもミスは起こるものだが、それでもいい。だが、自分の失敗は自分で責任を取らなくちゃダメだ」と、息子に説いていたのだという。

 

ロケットニュース24View original post.