レンタル電話社長逮捕 沼津署など、車拠点の詐欺事件

 車を拠点に詐欺電話をかける振り込め詐欺グループによる詐欺事件で、沼津署や県警捜査2課などの合同捜査班は23日、携帯電話不正利用防止法違反の疑いで東京都東久留米市南町、レンタル電話会社社長の男(36)を逮捕した。同署は、振り込め詐欺グループに携帯電話などを提供していたとみて調べる。


 逮捕容疑は2016年5月16日ごろ、複数人から携帯電話などに取り付けて通話する契約者特定記録媒体(SIMカード)のレンタルの申し込みを受けた際、本人確認をせずに契約し、有償でSIMカード5枚を交付した疑い。同署は容疑者の認否を明らかにしていない。


 同署によると、一連の詐欺事件で逮捕、起訴された「かけ子」から押収した携帯電話を調べて容疑者が浮上した。容疑者が貸し出したSIMカードは同詐欺グループ内の連絡で使っていたとみられる。同署は、容疑者が、詐欺電話に使われた携帯電話やSIMカードなども貸していた可能性があるとみて調べている。同署は、容疑者の逮捕で車を拠点とする同詐欺グループの全容を解明したとしている。