SNS業界、Facebook一強体制に陰りが

アメリカの若者たちはもう、Facebookに飽きてしまったようです。

eMarketerの報告によると、12歳から17歳のアメリカ人Facebookユーザーは今年減少すると見込まれるのだとか。この年代に限らず、利用者の減少が予測されるのは今回が初めてのことです。他のSNSの台頭が背景にあるということで、さらに25歳以下のユーザーも減っていくようです。たしかに日本でも、Facebookはおじさん向けのSNSという扱いを受けているといった記事を目にしますね。

eMarketerのOscar Orozcoによると、「依然Facebookを利用している若年層ユーザーも投稿の頻度やログイン率が減っている。しかしFacebookの運営するインスタグラムは伸びている」とのこと。インスタ映えなんて言葉が日本でも流行するくらいですし、これはFacebookにとっては朗報ですね。

1 SNS業界、Facebook一強体制に陰りが
Image: eMarketer

12歳から17歳の約1450万人のユーザーは、昨年よりも3.4%減るであろうとeMarketerは予測しています。日本ではあまり馴染みのないスナチャこと、スナップチャットはアクティブユーザーこそ少ないものの、少しずつ利用者数を増やしているようです。最も利用者数が増えると見込まれる18歳から24歳は19.2%も増加するということです。ミランダ・カーをお嫁にもらって破竹の勢いといったところですかねぇ。

2 SNS業界、Facebook一強体制に陰りが
Image: eMarketer

12歳から24歳の間でスナップチャットがFacebookやインスタグラムよりも利用されるという予想をeMarketerがするのも今回が初めてです。とはいえ上記の予測では、2018年以降インスタグラムがスナップチャットを超える成長率を見せているので、スナップチャットが他を飲み込むほどの勢いとはいえないでしょう。

3 SNS業界、Facebook一強体制に陰りが
Image: 総務省

日本ではLINE、韓国ではカカオトーク、中国では微博と、国によって人気にかなり偏りがあるのがSNSアプリの面白いところ。やはりSNSの機能として最も重要なことは「身の回りで利用されているSNSであること」ですから…。

 

 

続きを読む