Acer、12時間駆動でタッチ対応モデルもある「Chromebook 15」、399ドルから

 399ドルなのはディスプレイがタッチ対応ではないエントリーモデル。タッチスクリーン搭載モデルの価格はまだ発表されていない。

 acer 2
日本のサイトでも紹介はされているが発売されるかどうかは不明

 バッテリー持続時間が昨年のモデルの9時間より3時間長い12時間になり、アルミ筐体になった。その分価格が100ドル高くなっている。

 ディスプレイは15.6インチ(1080p)。プロセッサは2コアのCeleronか4コアのPentiumのいずれかを選択できる。ポートはUSB 3.1 Type-C×2、USB 3.0×2、HDMIポート、SDカードスロット。ストレージは32GB/64GB、メモリは4GB/8GB。サイズは378×256×18.9ミリで重さは1.72キロ。

 

 Google Play Storeで公開されているAndroidアプリを使えるので、タッチスクリーン対応モデルが欲しいところだ。

 

ITmedia NEWS 製品動向 最新記事一覧View original post.