Boston Dynamicsの4足ロボット「SpotMini」、ドアを開けて「お先にどうぞ」

 米ロボット企業Boston Dynamicsは2月12日(現地時間)、商品化を予定している家庭用ロボット「SpotMini」のバリエーションらしきロボットが自分でドアを開けて出ていく動画を公式YouTubeチャンネルで公開した。

 SpotMiniは頭部にカメラを搭載し、4足歩行するロボット。発表済みのモデルには手に当たるものはなく、モノを掴んだり運んだりすることはできない。

 「Hey Buddy, Can You Give Me a Hand?(ねえ、手を貸してくれない?)」というタイトルのこの動画は、従来型SpotMiniが閉まっているドアを見上げてから画面の奥を“見る”と、背中からアームの生えたSpotMiniが近づいてきてドアをチェックし、アームを伸ばしてノブを回してドアを開いて押さえ、従来型SpotMiniを先にドアの外に出して自分も続くところで終わる。

 spot 2
アームのないSpotMiniを先に行かせてあげる
 

 同社が2016年に披露した旧モデルのSpotMiniにはオプションでアームがついており、空き缶やガラスのコップを掴むこともできた。

 spot 3
旧モデルのSpotMini

 このアームが現行のSpotMiniにもオプションで追加できるようにするのか、別モデルとして発売するのかは不明だ。

ITmedia NEWS 製品動向 最新記事一覧View original post.