Xperiaに接続するポタアン「PHA-2A」のバランス出力を楽しむ:Xperia周辺機器 – ASCII.jp

 前回の記事から引き続き、ソニーのポータブルヘッドフォンアンプ「PHA-2A」使ってXperiaを本格的なオーディオプレーヤーにする計画を進めます。

 PHA-2Aから接続するケーブルとして付属するのは、ソニーのウォークマンに利用できるWM-PORT端子用と、Xperiaなどスマートフォンに利用できるmicroUSB用の2本です。

 microUSBを備える「Xperia X Performance」や「Xperia Z5」シリーズであれば、付属のXperia用デジタルケーブルをPHA-2Aに接続して電源を入れると、自動的に認識されてXperiaからアンプを通した音が楽しめます。

 しかしながら「Xperia XZ」や「Xperia X Compact」では、接続端子がmicroUSBから両面挿しのUSB Type-Cに変更されたため、当然そのままでは使えません。

 これはスマートフォンに限ったことではなく、現在でもコンパクトな充電対応機器の端子はmicroUSBが主流です。徐々にUSB Type-Cへの移行が進んではいますが、USB Type-C搭載機器の充電やPC接続はmicroUSB端子→USB Type-C変換アダプターを利用することでまかなえていました。

 PHA-2Aの発売タイミングは2016年10月、Xperiaシリーズに当てはめてみると「Xperia X Performance」から「Xperia XZ」に切り替わるタイミングということで、これは致し方ないことなのかもしれません。

 さて、ここでひとつ落とし穴があります。付属のXperia用デジタルケーブルにmicroUSB→USB Type-C変換アダプターを挿すとXperia XZとPHA-2Aは物理的にはつながります。……ですが、Xperiaが認識してくれないという事態があるかもしれません。というのも、わかりにくいポイントですが変換アダプターがUSBホスト(OTG)に対応していないと利用できないのです。

 単純にPHA-2A付属のケーブルであれば、接続端子を変換すればいけそうに思えますが、必ず“USBホスト(OTG)対応”と注釈のある変換アダプターを用意しましょう。

 

 

ASCII.jp - View original post.