ソニー、外でも使える防水ワイヤレススピーカ–小型&大迫力の2モデル

 ソニーは9月19日、Bluetoothによるワイヤレス再生に加え、防水機能などを持ち、アウトドアでも使えるワイヤレススピーカ2モデル「SRS-XB501G/XB01」(想定税別価格:3万5000円前後/5000円前後)を発表した。両機種ともに発売は10月6日。

 XB01は、高さ57.5mm×幅81.5mm×奥行き56.5mmで、重量約160gのポータブルスピーカ。手のひらサイズのコンパクトボディに37.5mmのスピーカ1つとパッシブラジエーターを備える。

 IPX5の防水機能を搭載し、約3時間の充電で約6時間の再生が可能。オーディオコーデックはSBCに対応する。ボディカラーはブラック、グリーン、ブルー、ホワイト、レッド、イエローの6色を用意する。

「SRS-XB01」。ボディカラーは、ブラック、グリーン、ブルー、ホワイト、レッド、イエローの6色
「SRS-XB01」。ボディカラーは、ブラック、グリーン、ブルー、ホワイト、レッド、イエローの6色
 
手のひらサイズのコンパクトボディ
手のひらサイズのコンパクトボディ
 

 XB501Gは、ラインライト、ストロボフラッシュなどのライトを内蔵し、ライティング演出もできるポータブルスピーカ。発泡マイカ振動板を採用した45mmのフルレンジスピーカ2つと、振動板を二層にして剛性をアップさせた125mmのサブウーファを内蔵し、迫力ある大音量を再生する。

本体には「ライブサウンドモード」を備え、フェス会場にいるような臨場感を表現。DSPにより、低域やボーカルを保ったまま、歓声や拍手などを効果的に拡散できるとしている。

 約5時間の充電で、約16時間の再生が可能。IP65の防塵、防水機能を備え、アウトドアでの使用にも最適。三脚穴を設け、三脚に装着しても使える。

 

「SRS-XB501G」。ラインライト、ストロボフラッシュなどのライトを内蔵
「SRS-XB501G」。ラインライト、ストロボフラッシュなどのライトを内蔵
 
45mmのフルレンジスピーカと、振動板を二層にして剛性をアップさせた125mmのサブウーファを内蔵45mmのフルレンジスピーカと、振動板を二層にして剛性をアップさせた125mmのサブウーファを内蔵

 

CNET Japan 最新情報 デジタル製品チャネルView original post.