【ペニオク詐欺】元会社役員の男に有罪判決 京都地裁

入札ごとに手数料がかかるインターネット上の競売「ペニーオークション」を巡る詐欺事件で、詐欺罪などに問われた大阪市福島区の元会社役員、鈴木隆介被告(30)の判決公判が24日、京都地裁であり、宮端謙一裁判官は懲役3年、執行猶予5年(求刑・懲役3年)の有罪判決を言い渡した。同事件では別の男3人が詐欺罪で有罪判決を受けており、鈴木被告は主導的な立場だったとされる。

penioku判決によると、鈴木被告らは、実際はほとんど落札できないのに公正なオークションであるかのように装ったサイトを運営。昨年1~7月、サイトの利用者4人から入札手数料計3万3750円をだまし取った。

鈴木被告らのサイトを巡っては、複数の女性タレントや芸能人がブログで「格安で落札できた」などと虚偽の書き込みをし、一部のタレントは報酬を受け取っていたことが発覚した。

[Source : 毎日新聞 2013年5月24日]