Google Glassで初の逮捕現場撮影、「リトルブラザー」の未来

「Google Glassで初めてとらえたケンカと逮捕」の動画がYouTubeに投稿され、注目を集めている。「誰もが、常に撮影している未来世界」が現実になってきた。 YouTube Preview Image クリス・バレットは7月4日(米国時間)、独立記念日の花火を見て夏の夜を楽しもうと、ジャージー海岸のボードウォーク(板張りの遊歩道)を歩いていた。そして思いがけず、街の小さなけんかと逮捕を「Google Glass」でとらえた初めての人になった。 広報活動のコンサルタントにして映画制作者であるバレット氏は、事件の動画を編集し、YouTubeに投稿した。映像自体は極めて平凡なものであり、ボードウォークを歩く人々がいて、数人の若者が小競り合いになり、2人が手錠をかけられるだけだ。しかしアップロードされてからわずか数日という9日現在、バレット氏のこの動画は再生回数が23万回を突破している(日本時間7月10日の翻訳時点で60万回以上)。 驚異的な拡散力だ。それに比べて、同氏が次の日に公開したミニチュアゴルフのホールインワンをGoogle Glassで撮影した動画は、800回にも届いていない。 さらにすごいのは、4分間の動画のなかで、間近で撮影されていることに気がついているらしき人がほとんどいないということだ。 「ジャージー海岸にいた人々のうち99%の人は、わたしが何を装着しているか知らなかっただろう」とバレット氏は述べる。「たくさんの人から見つめられた」 『The Atlantic』誌はこの状況を、もっとキャッチーな言い回しでまとめている。「米国家安全保障局(NSA)がビッグブラザーだとすれば、グラスホール(Glasshole:assholeにひっかけた言葉で、「Glassをかけたイヤなヤツ」の意味)たちは、新しく登場したリトルブラザーだ」 バレット氏は投稿した動画に、「Glassで撮影された最初のケンカと逮捕」というタイトルを付けた。そして投稿者コメントとして、「この動画は、Google Glassで市民ジャーナリズムが根本的に変わることを証明している」と書いている。そして、プライヴァシーに関する論議をつくりだすことができてうれしいとも述べている。 「わたしは事件が起こる前から撮影していた。それは、事件が起こってから撮影するのとは少し違う体験なのだ」とバレット氏は説明する。「Google Glassに、1日24時間を記録できるだけのHDDとバッテリーと、常にオンにしておく機能が備わったら、これまでとはかなり異なる世界になる。誰かが常に撮影している可能性があるわけだ。よいことなのかはわからないが、わたしには興味深い」 「Google Glassをかけていると人々から注目される。たぶん、装着した者は未来から来たという感じがあるのだろう。人々に未来はどんなものか、見せることができるのだ。そしてその未来にはちょっと怖いところがある。このツールは、小さな会社が製品を小規模にリリースしているわけではないからだ」 ※以下は、「Glasshole」をからかうMashableの動画。 YouTube Preview Image [Source : WIRED 2013.7.10]