不正アプリ:ウイルス供用容疑で3人再逮捕−−県警/千葉

kagawa

発信者情報を偽った広告メールで芸能人などを装う「サクラ」を使った有料出会い系サイトに誘導したとして、東京都渋谷区のIT関連会社「コーエイプランニング」社長、香川雅昭容疑者(50)ら9人が特定電子メール法違反などの容疑で逮捕された事件で、県警は13日夜、香川容疑者ら3人を不正指令電磁的記録(ウイルス)供用などの容疑で再逮捕した。スマートフォン(スマホ)に登録されたメールアドレスを抜き取る不正アプリをダウンロードさせたとしている。
安心ウイルススキャン自体がウイルスだった
安心ウイルススキャン自体がウイルスだった
香川容疑者は調べに「アプリの作成は外部に依頼した」と話しているといい、県警はウイルス作成容疑を視野に作成者の特定を進める方針。 再逮捕容疑は、今年1〜4月ごろ、米国内のサーバーに保管していた不正アプリを、福岡県宗像市の女性(25)ら3人のスマホにダウンロードさせたなどとしている。 一方、千葉地検は同日、再逮捕された3人を含む5人と、法人としてのコ社を千葉地裁に起訴した。ほか1人が千葉簡裁に略式起訴され、3人が処分保留となった。 [Source : 毎日新聞 2013年08月15日]   ▼不正アプリ使い勧誘容疑 80万人のデータ抜き取り 2013/07/23 (共同ニュース) YouTube Preview Image