メルセデス・ベンツ、Google Glassを統合へ

Google Glass統合をテストするWIRED記者。撮影はMercedes North America社の研究開発部門責任者ヨハン・ユンクビルト。
Google Glass統合をテストするWIRED記者。撮影はMercedes North America社の研究開発部門責任者ヨハン・ユンクビルト。

Mercedes-Benz社は、同社のクルマを「Google Glass」と統合しようとしている。試作品を試してみた。

わたしは駐車場の車のなかでスマートフォンの接続を切り、「Google Glass」をかけた。数秒で、少し先のコーヒーショップまでの道案内が、表示された。これは、メルセデス・ベンツが近い将来実現しようとしているユーザー体験であり、同社はグーグルと協力してすでに試作品を開発している。 「ドア・ツー・ドア・ナヴィゲーション」と呼ばれるこのアプリは、メルセデス・ベンツがこの数年間に行ってきた、一連のハイテクの取り組みの最新の成果だ。同社は数年前に、シリコンヴァレーにある研究センターのリソースと人員を倍増させた。これにより、インフォテインメントのプラットフォームの徹底的な改善に取り組むことが可能になり、さらに、若者を狙ったエントリーレベルの「CLAクラス」で、アップルの「iPhone」を他社に先駆けて総合的に統合することができた。 今度はグーグルの番だ。 「われわれはウェアラブル機器は業界の重要なトレンドだと確信している」と話すのは、Mercedes North Americaの研究開発部門の社長兼CEOであるヨハン・ユンクビルトだ。「Google Glassにはもう6カ月前から取り組んでおり、Google Glassのチームとは定期的に会っている」。グーグル本社が、パロアルトにあるメルセデス・ベンツの研究施設から車でわずか10分であるのも助けになっている。 ユンクビルト氏らは、Google Glassが入手できるようになってすぐに2台を入手し、開発を進めてきた。最初のアプリケーションが、Google Glassで住所を入力できるナヴィゲーションプログラムだ。車に乗り込みスマートフォンを接続すると、目的地がダッシュボードのナヴィゲーションシステムへと転送される。目的のレストラン/バー/ナイトクラブ/バーベキュー場所に到着してスマートフォンを外すと、システムがデータをGoogle Glassに再転送して行程が完了になる。 実際にやってみると、動く。しかし、その仕組みは、なんというか、少々荒っぽい。 screen568x568Google Glassは、まだiPhoneに対応していない。そして、メルセデスのアプリ「Digital DriveStyle App」は、まだ「Android」では動かない。(ユンクビルト氏がWIREDに語ったところでは、メルセデス車のオーナーの間では「iOS」が支配的なプラットフォームだ)。 screen568x568そこで、車からGoogle Glassに目的地の情報が送られるように、iPhoneと車載インフォテインメントシステムとの間にある、メルセデスのクラウドサーヴァーに接続する。Google Glassが取り扱うのはこのふたつの間にある情報であり、iPhoneと車の接続が切れるのが、通信するきっかけになる。接続が切れると、サーヴァーへの連絡、Google Glassとの接続、そして目的地情報のダウンロードが行われる。ユンクビルト氏はこの複雑な接続方法は現時点だけのことだと説明した。 2014年にGoogle Glassが量産されるときまでには、メルセデスは顧客に提供できるサーヴィスを準備する見込みだ。Androidの統合もいまのところ来年に予定されているという。 ※英政府は2013年8月、運転中のGoogle Glass装着を禁止。米国ウェストヴァージニア州でも、同様の内容の法案が提出されている(日本語版記事)。 [Source : WIRED 2013.8.19]