【中国BBS】ロシアが中国空母を酷評「まあ、もともとゴミだし」

iron_scrap

中国大手検索サイト百度の掲示板に「ロシアメディアが遼寧号を安価で防衛能力はほとんどないと酷評」というスレッドが立てられた。スレ主が紹介した同ニュースに対して、中国人ネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

【中国BBS】ロシアが中国空母を酷評「まあ、もともとゴミだし」 ロシアのメディアは、中国の空母「遼寧」の前身はウクライナから2000万ドルで(約19億4000万円)で購入した空母「ワリヤーグ」だと紹介したうえで、「世界でもっとも安価な空母」だと指摘した。

さらに搭載予定の殲-15戦闘機の性能は明らかに米国の戦闘攻撃機F/A-18E/Fに見劣りし、最新のレーダーや探知能力を有する戦闘機やヘリも配備されておらず、「自己防衛能力がほとんどなく、低空飛行の空中目標を攻撃することしかできない」とこき下ろした。 ロシアメディアの酷評に対して中国のネットユーザーからも「まあ、もともとゴミだしね」と、意外にもロシアメディアの報道に同意するコメントが寄せられた。

また「まずは有る無しの問題から解決しないとなんだよ。それから良し悪しの問題を解決するんだ。少なくとも今は有るんだし」と、まだ中国の空母の歴史は始まったばかりであり、やむを得ないという意見も。

しかし、ロシアメディアの酷評には気分を害した中国人もいたようで、「ロシアさんよ、言ってることが的確過ぎるんだよ」というコメントや「冗談だろ? 空母に自衛能力があるなら空母戦闘群なんていらないだろ」と指摘するユーザーもいた。

ほかには「最安値の称号はインドのためにとっておこうじゃないか。ヴィクラマーディティヤは、船体自体は無償だったんだぜ。遼寧号はそれでも2000万ドル払っているんだ」と指摘するユーザーもいたが、遼寧号の性能の低さを否定するコメントは皆無であった。

ロシアメディアの指摘どおり、中国初の空母「遼寧」は2000万ドルでウクライナから購入したものだ。当初は「海上での娯楽施設に改造する」と主張していたが、米国などの懸念どおりに中国まで運んだ後はまんまと空母として建造を開始した。

[Source : サーチナ 2013/08/26]  

 

中国航空母艦 遼寧 組み立て式 ブロック 1904ピース 全長92cm 巨大 模型 1/330 中国語版